大規模なブロックチェーンの
分岐現象への対応

当社は、暗号資産の移転を記録するブロックチェーンの分岐を試みる計画されたハードフォーク及びハードフォークに伴い新たに発生する暗号資産(以下「新暗号資産」といいます。)について、以下のとおり対応いたします。

  1. (1)計画されたハードフォークへの
    対応について

    • ①当社は、ハードフォークの計画に関する情報収集に努め、ハードフォークの発生時期、ハードフォークの内容、ハードフォークを計画する主体、ハードフォークの目的及び期待する効果、ハードフォークによりお客様に生ずるリスクなど、お客様が暗号資産の利用を判断するために必要とする情報を適宜、お客様に提供いたします。
    • ②当社は、ハードフォークによりお客様資産の保全及びお客様との取引の履行に何らかの支障が生ずると当社が判断した場合には、ハードフォークの発生に備えてあらかじめ一部の業務を一時停止するなど、お客様資産の保全及びお客様との取引を確実に履行するために必要な措置を講じます。また、一時停止の解除につきましては、暗号資産の移転を記録するブロックチェーンの安定等が確保されたことを当社にて判断した上で実施いたします。
    • ③当社は、ハードフォークに関連し、業務を一時停止する場合、及び停止した業務を再開する場合は、あらかじめ当社WEBサイトにてご案内いたします。
    • ④当社は、ハードフォークの発生に伴い業務を一時停止した場合、停止期間中に生じた当該暗号資産の価格変動によるお客様の損失については、当社に故意又は過失がない限り、責任を負いません。
  2. (2)新暗号資産の利用者への付与について

    • ①当社は、ハードフォークによりブロックチェーンを支える機能が新暗号資産に割譲されたことに伴い、ハードフォークの基となる暗号資産(以下、「オリジナル暗号資産」といいます。)の価値が新暗号資産に移転したと認められる場合には、原則として、ハードフォークにより組成された新暗号資産をお客様に付与いたします。ただし、以下「②当社の新暗号資産付与の判断基準」に定める事項を満たしていない場合等、新暗号資産をお客様に付与することが適切でないと当社が判断した場合を除きます。また、付与する場合にあっては新暗号資産の流通上の安全性等を確認するためにハードフォークの直後には付与することができない場合があります。
    • ②当社の新暗号資産付与の判断基準
      • ・新暗号資産について、第三者による不正な移転を防止する措置が講じられていること。
      • ・新暗号資産について、お客様の資産を侵害する仕組みが講じられていないこと。
      • ・新暗号資産の有する機能が、不法、不正な行為を誘引するものではないこと。
      • ・新暗号資産を計画する者に違法行為の疑いがないこと。
      • ・新暗号資産を計画する者に反社会的行為に携わっているもの、又は反社会的勢力との関わりがあるものが行っていないこと。
      • ・その他、当社の裁量により、新暗号資産の取扱いに問題がないと認められること。
    • ③当社は、新暗号資産の付与に代え、新暗号資産相当額の金銭をお客様に交付することがあります。この場合、調整金の額は、原則としてLPにおける新暗号資産の市場価格を基準とし、当社が独自に定めるものといたします。
    • ④当社は、③の措置を講じる場合を除き、お客様の保有するオリジナル暗号資産から生じる新暗号資産を当社がお客様に代わって自らが所有するものとして取得又は処分を行わないものといたします。
    • ⑤当社が新暗号資産の付与又は新暗号資産相当額の金銭の交付を行うと判断した場合であっても、ハードフォークが発生した時点から新暗号資産の付与時点又は新暗号資産相当額の金銭の交付時点までの間、継続して当社との利用契約を締結していたお客様以外のお客様は、付与又は交付の対象とならないことがあります。
    • ⑥新暗号資産のお客様への付与、その他お客様の資産保全のために必要な措置に伴い生じた費用を、お客様へ請求する場合があります。
  3. (3)レバレッジ取引における新暗号資産発生に関する特記事項

    • ①ハードフォークによる新暗号資産の発生及び付与に伴う、権利調整を実施する場合があります。その場合、お客様の保有するポジションでの調整あるいは金銭による調整によって公平性が保たれるよう十分な配慮をもって実施いたします。権利調整の実施日、具体的な内容についてはあらかじめお客様へご案内いたします。なお、金銭で調整する場合の調整金の額は、原則としてLPにおける新暗号資産の市場価格を基準とし、当社が独自に定めるものといたします。
    • ②新暗号資産の権利調整に伴い生じた費用を、お客様へ請求する場合があります。
    • ③ポジションの調整が行われた場合、その保有状況によってはお客様の評価損益額がマイナスとなり、ロスカットの発生やお客様が預託された金額を超える損失が発生する可能性がありますので、レバレッジ取引を行う際は十分ご注意ください。
  4. (4)お客様への告知方法について

    •  本対応におけるお客様への告知及び情報は、当社WEBサイト等にてご案内いたします。