XYM(ジム/シンボル)

シンボル(Symbol)は、2021年3月、ネムに行われたカタパルトアップデート(大型アップデート)により改良され、エンタープライズ向けとして併設された新たなプラットフォームです。
プラットフォーム上で利用される暗号資産(仮想通貨)がXYMになります。
ネムの特徴を引き継ぎ、改良されてはいますが、ネムから分岐したブロックチェーンではなく、全く新しいブロックチェーンとして誕生したのがシンボルです。
カタパルトにより、トランザクション処理は1秒間に約3000~4000件と、クレジットカード並みの送金処理能力を手に入れることに成功しました。

シンボルは単一組織に依存することなく価値交換を行える「パブリックブロックチェーン」、プライバシー・規則の厳守・カスタマイズ機能・効率性などの利点を持つ「プライベートチェーン」の両方の機能を合わせた「ハイブリッドチェーン」として提供されています。
パブリックチェーンとプライベートチェーンにはそれぞれ利点・欠点があるため、通常は目的に応じて使い分けられていますが、ハイブリッドチェーンはプライベートチェーン内の親密性の高いエコシステムを維持しつつ、データの分散ハブとして機能するパブリックチェーンと通信することができ、ブロックチェーン技術を活用する企業や団体などのイノベーション促進に役立つと考えられています。

シンボルの特徴

シンボルのコンセンサスアルゴリズムは「PoS+(Proof of Stake+:プルーフ・オブ・ステーク・プラス)」という、PoSを改良したものに変更されています。
PoS+はPoSの弱点である「トークン保有量の多い人が最も報酬を得られる確率が高くなる」という点を「保有量が少なくても使用頻度が高く実際にエコシステム内での貢献が認められる人にも報酬を分配する」という富の偏向を軽減させるシステムに変更し、公平性を実現させたアルゴリズムです。
またPoS+には、10,000XYM以上の保有者は「ハーベスト」と呼ばれるブロック生成プロセスに参加することでXYM報酬を得ることができる仕組みが備わっており、長期保有しながらハーベストを行い、少しづつ保有量を増やしていくといった使い方をすることができます。

シンボルには「モザイク」というトークン発行機能が備わっており、誰もが簡単に株式や証明書、ポイントなどをトークンとして発行することができるようになっています。
発行者は、どのアカウントがモザイクを取引できるかを決定できる権限を持っているため、本人確認済みアカウントのみトークンの保有を許可するといった使い方が可能で、シンボルはデジタル証券などの「セキュリティトークン」の発行に適したプラットフォームであると言えます。
また、ネムではこのモザイクを発行する際、「ネームスペース」というドメインのようなものをレンタルする必要がありましたが、シンボルにアップデートされたことでレンタルの必要がなくなり、自由に使うことが可能となりました。

カタパルトされたことにより「アグリゲートトランザクション(複合トランザクション)」と呼ばれる、複数の取引を1つにまとめて第三者機関なしで取引できる機能も追加されており、トラストレス(信用不要)な環境でトークンの交換や支払いの肩代わり、トランザクションの第三者委託などが可能になりました。

ネムに備わっている「マルチシグ」と呼ばれる、セキュリティを高めるためトランザクションを実行する際に複数の秘密鍵での署名が必要となる機能も改良されており、従来のマルチシグに加えて「複数レイヤーのマルチシグ」が搭載されているため、署名者をレイヤー毎に分けて各レイヤーから代表者だけが署名を行うなど、ネムよりも複雑な署名方法を選択することが可能となっています。

2022年に開催予定のFIFAワールドカップではシンボルの利用が予定されており、現地のホテル建設プロジェクトを管理するプラットフォームに採用され、改ざん不可能な建設監査などの工程を可能にする仕組みを構築するとされています。
これは人工知能も用いた大型プロジェクトであり、シンボルにとって大きなイベントの1つになることは間違いないでしょう。

※上記の情報につきまして、その完全性・最新性・正確性について保証するものではなく、また、特定の暗号資産(仮想通貨)の推奨を行うものではありません。

今、暗号資産(仮想通貨)を始めるなら
DMMビットコイン