XLM(ステラ・ルーメン)

ステラ・ルーメン(Stellar Lumens)は、リップル(Ripple)をベースとして作られた暗号資産(仮想通貨)です。
元リップルの開発者らが中心となって作られた暗号資産(仮想通貨)で、XRPが銀行間取引等の法人利用の大規模取引を重視しているのに対し、XLMは個人間の決済での利用を重視した設計となっています。
ステラ・ルーメンには管理主体が存在し、Stellar Development Foundation(SDF/ステラ財団)という非営利団体が開発を主導、運営や管理も行っています。
一般的な暗号資産(仮想通貨)は、管理主体が存在しない「分散型金融」という形態を取ることが多いですが、ステラ・ルーメンは中央集権的な管理主体のあるタイプの暗号資産(仮想通貨)と言えます。

ステラ・ルーメンの特徴

個人間の決済での利用を重視しているため、ビットコインよりも処理が高速で手数料が安価な点が特徴です。
また、ステラルーメンには「ブリッジ通貨」としての役割を期待されています。
例えば、日本からアメリカへの送金する場合、日本円から米ドルに変えなければならず、送金に時間や手数料が掛かることになります。
しかし「日本円→ステラ・ルーメン→米ドル」といった具合で移すことにより、送金がスムーズになり、手数料も抑えてくれるのです。

※上記の情報につきまして、その完全性・最新性・正確性について保証するものではなく、また、特定の暗号資産(仮想通貨)の推奨を行うものではありません。

今、暗号資産(仮想通貨)を始めるなら
DMMビットコイン