MONA(モナーコイン)

モナーコイン(Monacoin)は、日本および世界で有名なアスキーアート「モナー」をモチーフにした日本初の暗号資産(仮想通貨)です。
ライトコインをベースに、非中央集権によるクライアントプログラムによって維持される完全分散型決済システムを基盤とした暗号資産(仮想通貨)です。

モナーコインの特徴

モナーコインはユーザーによる様々なサービスの開発や、神社の建立、語呂合わせの投げ銭等、他のコインではあまり見られない使われ方が定着する等、コミュニティ主体で発展を続けている点が特徴です。
また、スケーラビリティ問題の解決のために考案された「Segwit」という技術が導入された初の暗号資産(仮想通貨)です。
Segwitは取引データから電子署名を削除し、ブロックチェーンの外で管理することでデータ量を圧縮するシステムです。
このシステムにより、モナーコインの取引時間は約1分30秒程度となり、ベースとなったライトコインよりも1分短縮と改善させることができました。

※上記の情報につきまして、その完全性・最新性・正確性について保証するものではなく、また、特定の暗号資産(仮想通貨)の推奨を行うものではありません。

今、暗号資産(仮想通貨)を始めるなら
DMMビットコイン