LTC(ライトコイン)

ライトコイン(Litecoin)は、2011年にビットコインをベースに、元GoogleのエンジニアであるCharlie Lee氏が公開した暗号資産(仮想通貨)で通貨単位はLTCです。
ビットコインの欠点である発行数上限と取引の承認時間の問題を解決するために開発されました。
ブロックサイズの制約によって起こるスケーラビリティ問題を、ソフトフォームの一つであるSegwit(セグウィット)という技術で対処しています。

ライトコインの特徴

ライトコインの発行数上限は、ビットコインの2,100万BTCに対して、その4倍の8,400万LTCで設定されています。
取引の承認時間はビットコイン(約10分)の1/4である約2.5分となっており、日常生活での支払い手段として実用性を重視している点が特徴です。

※上記の情報につきまして、その完全性・最新性・正確性について保証するものではなく、また、特定の暗号資産(仮想通貨)の推奨を行うものではありません。

関連情報:

今、暗号資産(仮想通貨)を始めるなら
DMMビットコイン