ETC(イーサリアムクラシック)

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)は、2016年6月に発生した「The DAO事件」への対応をめぐりイーサリアム内の開発者間で意見が分かれたことを契機に誕生したアルトコインで、通貨単位はETCです。
基本的にはイーサリアムと同様の機能を持っていますが、イーサリアムと異なる点は、発行数に上限があり、減少期を定めているという点です。

イーサリアムクラシックの特徴

イーサリアムクラシックはIoT(Internet of Thingsの略称で、モノとモノをインターネットでつなぐ技術)分野を中心に活躍を広げることを目指しており、IoT技術とブロックチェーン技術を融合させることが期待されています。
また、より高度な開発がしやすい言語「Emerald」も導入予定となっています。

※上記の情報につきまして、その完全性・最新性・正確性について保証するものではなく、また、特定の暗号資産(仮想通貨)の推奨を行うものではありません。

今、暗号資産(仮想通貨)を始めるなら
DMMビットコイン