ビットコイン ・インベストメント・トラスト

ビットコインの投資信託、ビットコイン・インベストメント・トラスト

ビットコイン・インベストメント・トラストとは

ビットコイン・インベストメント・トラストは、2013年にスタートした世界で初めてのビットコインの価格と連動した投資信託です。
投資信託は、投資家から集めた資金を運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品です。その運用成果を投資家の投資額に応じて分配します。これをビットコイン投資に用いたのがビットコイン・インベストメント・トラストです。この仕組みが生まれた当時は、ビットコイン投資の認知度が低い時期で、誕生にあたっては迅速な決断が下されました。

運用側は投資家から資金を調達して、ビットコインを運用します。投資家は投資信託を買った時より高く売り、その利益分を確保します。これを「利益値上がり益」と呼びます。そして、投資家は利益の一部を分配金として運用側に支払います。
投資家は、ビットコインの価格変動を予測し、利益の一部が分配され、運用側に手数料を支払いますが、面倒な手続きやセキュリティの管理などを運用側に任せることができます。大きな投資ができる投資家は、セキュリティ面での危険性を考慮して、専門家に管理を任せる場合もあります。

ビットコインをはじめとした暗号資産(仮想通貨)は、株式などの投資に比べると相場の変化がとても激しいという特徴があり、高いリターンの可能性がある一方、リスクも高くなります。投資信託はある程度の安全性を確保するために重要な役割を果たします。

投資する銘柄のことをティッカーシンボルと呼び、投資をする際にはこのティッカーシンボルで投資銘柄を判断します。たとえば、BTCと書かれていたならば、それはビットコインのことを指します。ビットコイン・インベストメント・トラストのティッカーシンボルはGBTCです。

ビットコイン・インベストメント・トラストは一般投資家が対象ではなく、いわゆる「プロ」である適格投資家向けの金融商品です。ビットコインでの資産運用を多額で行う人たちに向けた商品であると考えられます。
投資信託において重要なのは信頼性です。安全にきちんと運用されることを信頼して、投資をする方も少なくありません。
ビットコイン・インベストメント・トラストの証券は保有ビットコインを預けることで購入できます。ビットコイン・インベストメント・トラストは預かっているビットコインを資産運用することで証券の値段が変わります。うまく資産運用すれば、証券の価格が上がることが期待できます。

過去〜現在の動き

ビットコインはインターネット上の暗号資産(仮想通貨)であるため、サイバー攻撃の対象となり、いくつかの事件にも見舞われてきました。

ビットコイン・インベストメント・トラストの運用が始まった2013年は、1BTCが10万円を超えた時期です。多くの投資家が、ビットコイン投資に関心を持ち始めた時期でもあります。そんな折、ある仮想通貨交換業者がビットコインの電子記録を不正に操作・運用し、利益を得るという事件が起こりました。これがビットコインの名前を知るきっかけになったという方も多いかもしれませんが、ビットコイン・インベストメント・トラストにとってもこの事件が起きたことは大きな痛手でした。
しかし、こうした逆風の中でビットコイン・インベストメント・トラストは成長し、投資信託の商品特性から、ビットコインの運用に不安を抱える投資家に選ばれてきました。

ビットコイン・インベストメント・トラストはリスク分散された金融商品ですが、ビットコイン採掘の過熱競争や世界の暗号資産(仮想通貨)の見通しなどが相まって、一時は26%も基準価額が急落したことがあります。
これほど大きく急落したことの要因として、ビットコイン・インベストメント・トラストが暗号資産(仮想通貨)の急激な成長についていけなかったことが挙げられます。

ビットコイン・インベストメント・トラストは、自身で資産を運用することの危険性への懸念や、ビットコインに投資する手間を省きたいという投資家の思惑が強まったことで、需要が大きくなりました。その結果、ビットコイン・インベストメント・トラストの価格を、投資信託が保有している資産がはるかに上回ったのです。その不均衡を是正するために、急落したものと考えられています。

逆に想定よりもビットコイン・インベストメント・トラストの基準価額が急上昇したケースもあります。2017年5月にビットコインの時価総額が17%上昇した時のビットコイン・インベストメント・トラストの基準価額が85%上昇しました。ビットコイン・インベストメント・トラストは、それほどに大量のビットコインを保有しています。
このように、ビットコイン・インベストメント・トラストはビットコインのリスクを分散する金融商品として、紆余曲折ありながらも、ビットコインと関連性を持ちながら成長していくことが期待されています。ビットコイン・インベストメント・トラストの基準価額を、ビットコインの価格変動と共に気にしてみるのが良いでしょう。

今、暗号資産(仮想通貨)を始めるなら
DMMビットコイン