BCH(ビットコインキャッシュ)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は、2017年8月1日、ビットコイン初のハードフォークによる分裂で誕生した暗号資産(仮想通貨)で通貨単位はBCHです。
ビットコインキャッシュ誕生の背景には、ビットコインのスケーラビリティ問題があります。
これまでビットコインのブロックサイズは1MBという小さな単位でしたが、そのため取引量の増加とともに処理速度の低下(送金遅延)が生じやすくなりました。この問題を解決する方法として、セグウィット(Segwit)とビッグブロック(Big Block)という2種類の方法が議論されましたが、それぞれの方法を支持する技術者やユーザーの意見がまとまることがなかったため、結果、ハードフォークが起きてビットコインが2つに分裂しました。
この分裂した方の暗号資産(仮想通貨)がビットコインキャッシュです。

ビットコインキャッシュの特徴

基本的な仕様はビットコインと同じですが、ビッグブロックを採用したことにより、ブロックサイズはビットコインの1MBに対し、ビットコインキャッシュは32MBとなり、ビットコインよりも処理速度が速いことが特長です。
また、ビットコインとの違いとして、直近1日程度のハッシュレートに合わせてマイニング難易度を調整する独自の仕組みを採用しています。

※上記の情報につきまして、その完全性・最新性・正確性について保証するものではなく、また、特定の暗号資産(仮想通貨)の推奨を行うものではありません。

今、暗号資産(仮想通貨)を始めるなら
DMMビットコイン