ビットコインを入庫・出庫する方法は?届かない時はどうしたら?

ビットコイン
トランザクション
2019-10-02 更新

仮想通貨交換業者で取引を行い入手したビットコインは、自分の口座から外部ウォレット(アドレス)に送付する「出庫」、また外部ウォレットから自分の口座に送付する「入庫」が可能です。また入出庫を行うと、ブロックチェーン上の承認状況の影響により、なかなか届かない状況になる可能性があります。ここでは、入出庫の手順や承認状況を確認する方法を紹介しましょう。

ビットコインなどの仮想通貨を入庫・出庫する

仮想通貨交換業者で取引を行い入手したビットコインは、自分の口座から外部ウォレット(アドレス)に送付する「出庫」、また外部ウォレットから自分の口座に送付する「入庫」が可能です。例えば、ビットコインを使って何らかの商品・サービスを購入する際は、支払い先へ出庫することで代金を支払うことになります。反対に、商品代金を受け取る場合は入庫となります。

DMM Bitcoinの場合は、現物取引で取り扱いのあるビットコイン(通貨単位:BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の入出庫が行えます。また入出庫は、日本円や仮想通貨の管理を行う「ウォレット口座」からのみ可能で、取引に使用する資金を管理する「トレード口座」からは行えません。ただし、ウォレット口座とトレード口座間では「振替」手続きでリアルタイムに資金を移動することができます。

BTC ETH XRP

入庫、出庫にかかる手数料

DMM Bitcoinの場合、ビットコインなどの仮想通貨の入出庫に関する手数料は無料となっています。ただし、外部ウォレットからDMM Bitcoinの口座に入庫する際は、仮想通貨の送付にかかる手数料(マイナーへの手数料)が顧客側負担であることに注意しましょう。

マイナーとは、ビットコインの取引データを検証・承認する作業者を指し、承認作業そのものは「マイニング(採掘)」と呼ばれています。承認作業に従事してくれたマイナーに対する報酬は、承認する取引データに付与された手数料によって構成されています。このため、ビットコインなどの仮想通貨をDMM Bitcoinに入庫する際には、仮想通貨の送付に関する手数料が別途発生することになります。

税金の取り扱いに注意しよう

何らかの商品・サービスの売買を行うため、ビットコインの入出庫を行った際は、税金に関する注意が必要になります。

個人の場合、仮想通貨の取引などで得た利益(所得)は、原則として日本の所得税の課税対象となります。そして、総合課税の「雑所得」として確定申告を行い、納税する必要があります。

例えば、保有する仮想通貨で商品を購入した場合、保有する仮想通貨を売却(譲渡)したとみなされます。この時の所得金額は、仮想通貨の支払い数量の価格(譲渡価格)と、仮想通貨の取得価格との差額になります。

なお、被相続人からの相続・贈与などで仮想通貨を取得した(入庫を受けた)場合は、相続税または贈与税が課税されます。相続税法では、金銭に見積もれる経済的価値のある財産を相続または贈与により個人が取得した場合、相続税や贈与税の課税対象となります。

DMM Bitcoin上における「入庫」・「出庫」

ビットコインをDMM Bitcoinの自分の口座に入庫する際には、口座番号にあたる「ビットコイン入庫用アドレス」を送付者側に伝える必要があります。同様に出庫時には、宛先となるビットコインアドレスを相手から教えてもらうことになります。

ビットコインの入庫手順

DMM Bitcoinの口座にビットコインを入庫する場合には、自分の「マイページ」から「入庫用アドレス」または2次元バーコードを利用します。セキュリティおよび仮想通貨(ブロックチェーン)の仕組み上、反映されるまで数時間から数日間かかる可能性があるため、時間の余裕を持って入庫を行うといいでしょう。

例えばパソコン用WEBブラウザ経由なら、自分の「マイページ」左側にあるメニューで「入金・入庫」、「BTC入庫」の順番でクリックすると、「入庫用アドレス」(ビットコイン入庫用アドレス)と2次元バーコードが表示されます。

BTC入庫

DMM Bitcoin外部のウォレットに「入庫用アドレス」を正確に入力するか、カメラ対応の「モバイルウォレット」などでこの2次元バーコードを撮影すると、自分の口座にビットコインを入庫できます。1文字でも間違えると誤ったアドレスに送付することになるため、2次元バーコードを利用できない場合はアドレスすべてをコピー&ペーストで伝えるなど、入力ミスが起こらないようにしましょう。

誤ったアドレスに送付した場合や、異なる仮想通貨を送付した場合は、ビットコインがDMM Bitcoinにあるウォレット口座に届くことなく失われる可能性があります。DMM Bitcoinに限らず仮想通貨交換業者ではビットコインを返還できない状態となるため、細心の注意を払って作業を行いましょう。

ビットコインの出庫手順

ビットコインをDMM Bitcoinから外部に出庫する場合は、自分の「マイページ」左側にあるメニューで、「出金・出庫」、「BTC出庫」の順番にクリックすると、出庫用ページが表示されます。送付先となる「出庫アドレス」、出庫数、出庫の目的などを設定すると、ビットコインを出庫できます。出庫依頼日から原則として3 営業日以内に指定ウォレットのアドレスに送付されます。

BTC出庫

「スマートフォン版取引システムアプリ」で入庫する

スマートフォン版取引システムアプリ」で入庫したい場合には、アプリのホーム画面左上にある「三」(ハンバーガーメニュー)部分をまずタップします。

その後表示されたメニューで「入出金」、「BTCの入庫」の順番でタップすると、WEBブラウザ経由でDMM BitcoinのWEBサイトにある「BTC入庫」が表示され、前述の手順同様に2次元バーコードを使って入庫作業を行えるようになります。

「スマートフォン版取引システムアプリ」で出庫する

スマートフォン版取引システムアプリ」で出庫したい場合には、アプリのホーム画面左上にある「三」(ハンバーガーメニュー)部分をまずタップします。

その後表示されたメニューで「入出金」、「BTCの出庫」の順番でタップすると、WEBブラウザ経由でDMM BitcoinのWEBサイトにある「BTC出庫」が表示され、前述の手順同様に送付先となる「出庫アドレス」、出庫数、出庫の目的などを設定すると、ビットコインを出庫できます。出庫依頼日から原則として3 営業日以内に指定ウォレットのアドレスに送付されます。

なお、DMM Bitcoinから出庫する際の送付元アドレスは、前述の「入庫アドレス」とは異なります。入庫アドレスはあくまで入庫専用のため、ビットコインを第三者とやり取りする場合には注意しましょう。

出庫時同様、誤った外部アドレスに送付してしまった場合は、ビットコインを取り戻すことはできません。細心の注意を払って出庫作業を行いましょう。

ビットコインが届かない!何をどうしたらいいの?

ビットコインなど仮想通貨の入出庫を行うと、なかなか届かない状況になる可能性があります。その際は、まず正しいアドレスに送付できているかどうかを改めて確認しましょう。適切なアドレスであれば、ブロックチェーン上の承認状況の影響が考えられるため、そのまま認証完了を待つことになります。

またDMM Bitcoinでは、マイページの「BTC入庫」「BTC出庫」で承認状況を確認できるので、進捗を調べてみるといいでしょう。

ビットコインの「トランザクションID」を確認する

「トランザクションID」(TXID)とは、あるアドレスから別のアドレスに対して、ビットコインが何BTC送られたかを示す取引履歴IDを意味しています。トランザクションIDを確認することで、入出庫したビットコインの状況を把握できます。

ビットコインの入庫の場合

DMM Bitcoinの口座に対してビットコインの入庫作業を行った場合は、まずマイページの「BTC入庫」画面にある「未承認トランザクション」を確認しましょう。ここには、入庫指示を行った日時、入庫数、TX(トランザクションIDの略称)といった項目が表示されています。

未承認トランザクションに何らかの表示がある場合は、自分の入庫用アドレスを適切に入力できており、ブロックチェーン上で承認作業の途中にあることを示しています。認証完了までしばらく待ちましょう。

未確認トランザクション確認画面

認証および入庫が完了すると、未承認トランザクションから表示が消え、その代わりに「入庫履歴」に情報が表示されるようになります。

入庫履歴 確認画面

ビットコインの出庫の場合

DMM Bitcoinでビットコインの出庫を行った場合は、「BTC出庫」で進捗情報を確認できます。出庫依頼を行うと、まず「出庫リクエスト履歴」にDMM Bitcoin側で出庫処理がなされていないものが表示されます。出庫処理前のためトランザクションIDはなく、ここに表示されている段階であれば出庫のキャンセルが可能です。

出庫リクエスト履歴 確認画面

DMM Bitcoin側で出庫処理が完了すると出庫リクエスト履歴から情報が消え、「出庫履歴」に表示されるようになります。この段階でトランザクションIDも確認できるようになります。

まとめ

DMM Bitcoinでは、現物取引で取り扱いのあるビットコイン、イーサリアム、リップルの入出庫が行えます。入出庫の手数料は無料ですが、外部ウォレットからDMM Bitcoinの口座に入庫する際は、仮想通貨の送付にかかるマイナー手数料が顧客側負担であることを覚えておきましょう。

また、入出庫の方法自体は比較的手軽なものの、誤ったアドレスに送付してしまった場合、ビットコインを失うリスクがあるため、よく確認しながら作業を行いましょう。

ビットコインがなかなか届かないという状況の場合は、取引履歴にあたるトランザクションIDを調査すると進捗を把握できます。ビットコインを使って何らかの商品・サービスを購入する際にも役立つ知識であるため、自分が利用している外部ウォレットとDMM Bitcoinの口座間で練習してみるのもいいでしょう。

※掲載されている内容は更新日時点の情報です。現在の情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

今、仮想通貨を始めるなら
DMMビットコイン