ライトコインの将来性を見極める!価格上昇につながるイベントは?

ライトコイン
将来
2019-08-07 更新

ライトコインは基本的な性能やブロックチェーン技術などがビットコインと似ている仮想通貨です。しかし、ビットコインと比較すると決済スピードが速く、将来的に決済手段として普及する可能性もあるでしょう。そうしたなかで、ライトコインの価格が上昇することに期待する人もいます。ただ、実際にライトコインが値上がりするかどうかを見極めるためには、詳しい知識が必要になるでしょう。今回は、ライトコインの将来性に関わる技術やメリット、イベントなどについて紹介します。

1.ライトコインの将来性につながる技術とは?

ライトコインの開発では、ビットコインと比べて送金手段としての実用性に重点が置かれています。独自の技術を採用しているためであり、ビットコインとの違いがあるのです。今後新たに実装する予定の技術も含め、ライトコインの特徴について解説していきます。

1-1.処理スピードを高める技術

ライトコインでは、取引データの承認速度を高めるために、「Segwit(セグウィット)」とよばれる技術を採用しています。Segwitとは、ブロックチェーンに記録される取引データのデータ量を圧縮することで、1ブロックに記録できる取引データの数を増やす技術です。1つのブロックが生成される時間は一定になっているため、1ブロックに記録できる取引データの数を増やせば、1つの取引が承認されるまでの時間も短くなります。ライトコインではSegwitの導入によって、送金処理にかかる時間がおよそ2.5分(ビットコインは10分かかると言われている)まで短縮することが可能です。処理スピードを高める技術が取り入れられていることは、ライトコインの利便性を高めていると言えるでしょう。

1-2.送金手数料を抑える技術

ライトコインは、送金時間や送金手数料を抑える仕組みとして、「ライトニングネットワーク」を採用しています。ライトニングネットワークとは、本来のブロックチェーンとは別の部分(オフチェーン)に取引データを一時的に記録し、蓄積された取引を集計したデータだけをブロックチェーンに記録する仕組みです。たとえば、AがBに1LTCを送金した後、BがCに1LTCを送金したとします。本来であれば、2つの取引がブロックチェーンに記録されなければなりません。

しかし、最終的なライトコインの動きを見るなら、AがCに1LTCを送金した場合と変わらないことがわかります。ライトニングネットワークを利用すると、この2つの取引は1つの取引に統合されてブロックチェーンに記録されるのです。送金手数料はブロックチェーン上に記録される取引に応じて支払われるものなので、2つの取引を1つの取引に集約すれば、手数料が抑えられます。実際には、数えきれないほどの取引量を瞬時に集計して記録するため、送金手数料・送金速度が大幅に抑えられると言われているのです。

1-3.送金の実用性を高める技術

ライトコインは送金の実用性を高める「アトミックスワップ」への参加に成功しています。アトミックスワップとは、第三者を介することなく異なる仮想通貨同士で取引を行う仕組みです。これまで、異なる仮想通貨同士の交換を安全に行うためには、仮想通貨交換業者などの第三者が仲介役として必要でした。もし、仲介役がいない状態で個人間による取引を行うと、どちらかが持ち逃げをする可能性が否定できなかったためです。アトミックスワップの仕組みでは、2者間の取引であっても安全性を確保できます。ただし、アトミックスワップに参加している仮想通貨は限られており、実際に取引に利用できるものは多くありません。今後、アトミックスワップに参加する仮想通貨が増えていけば、ライトコインに対する需要も伸びていく可能性はあります。

2.将来性は期待できる?ライトコインのメリットと注意点

ライトコインの将来性について考えるうえで、その特徴を理解することは欠かせません。ライトコインを利用するメリットやデメリット・注意点について知ることで、今後の展望について予測することができるでしょう。どのような点を意識すべきかについて解説します。

2-1.メリット

ライトコインは数あるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)のなかでも、知名度が高いという特徴があります。2019年4月現在、仮想通貨の時価総額ランキングでも4位となっており、取引量も多い仮想通貨です。流通量が多い仮想通貨は、取引の数も多いため、いつでも取引がしやすいという面を持ちます。ライトコインはマイニングの難易度が比較的低いと言われているのです。そのため、専用の機材などがなくてもマイニングに参加できるため、マイニングによって利益を出せる可能性もあるでしょう。

2-2.注意点

ライトコインは送金速度の向上や手数料の低下などによって、決済手段としての機能性には優れています。しかし、実用化についてはいまだに目処が立っていません。ライトコインを利用した決済サービス「ライトペイ」が中止になったこともあり、決済方法として普及するという目標は遠のいたと見られているのです。また、ライトコインは2019年に半減期(マイニング報酬が半減する時期)が訪れ、希少価値が高まっていくと言われています。半減期には価格が上昇する可能性が高いため、取引をする場合にはタイミングに注意が必要です。

3.ライトコインの過去の価格推移から将来の価格を予想!

ライトコインの価格が今後、上がっていく可能性があるのかは、簡単に予想できるものではありません。これからの展望を見極めるためにも、まずは過去の価格推移について確認しておきましょう。どのような価格の変動があったかについて紹介します。

3-1.2018年までの価格推移

ライトコインは2017年まではあまり価格が上がらず、1LTC=500円を超えることはありませんでした。ところが、2017年に入ると大きく値を上げ始めました。7月に5000円を超えると一時価格は安定し、その後は細かく価格が上下しつつも一定の水準を保ちます。それが、11月に入ると徐々に価格が上がっていき、12月に急騰が起こったのです。2017年12月には1LTC=4万円を超え、史上最高値を記録します。しかし、そこから価格は下落を始め、2018年1月には2万円を切り、4月には1万1000円にまで値崩れしたのです。さらに、2018年下半期も相場は下げ止まらず、6月には1万円を割り、12月には2600円台まで価格が落ち込んでしまいました。

3-2.2019年1月からの価格推移

2019年1月には1LTC=3000~4000円台で推移しました。2月8~11日にかけて価格が高騰し、3000円台から5000円台まで値を上げたのです。その後は価格変動を繰り返しつつ、2019年3月には1LTC=6000円を突破しました。さらに、4月に入ると価格が急騰し、一時1万円を超える値をつけました。それから少し値を落としたものの、9000円台で推移するようになっています。今後、2019年8月ごろに訪れる半減期に向けて、価格変動が続いていくと予想されているのです。ライトコインにまつわるニュースに意識を向けつつ、どのような取引を行っていくべきかを考えておきましょう。

4.ライトコインの将来性に関わる今後のイベント

ライトコインの価格が変わる理由として、何らかのイベントが関わってくる場合があります。今後、ライトコインの将来性に関わると言われているイベントの発生が予定あるいは予想されているため、あらかじめチェックしておきましょう。今後のイベントの詳細について解説します。

4-1.2019年の半減期

ライトコインはおよそ4年に1度「半減期」を迎えることになっています。次回の半減期は2019年8月ごろの予定です。半減期とは、仮想通貨の希少性を保つために、新規発行量が減る周期のことです。半減期が近づくことで、ライトコインの希少性が高まることを期待して、保有しようとする投資家が増えると言われています。そうした需要が増える結果として、ライトコインの価格が変動することが予想されているのです。

4-2.ライトコインに対応したデビットカードの開発

ライトコインの開発者であるチャーリー・リー氏が、シンガポールに拠点を置くスタートアップ企業「TenX」と提携し、ライトコインに対応したデビットカードの作成に取り組んでいることを発表しました。TenXはすでにビットコインやイーサリアムなど、ほかの仮想通貨に対応したデビットカードを開発しています。実績のある企業によって、ライトコイン対応のデビットカードが開発されているというニュースは、ライトコインの将来性に期待を与えるものだと言えます。デビットカードによって、ライトコインでの決済が可能になれば、需要が高まっていく可能性もあるでしょう。それは、ライトコインの価格が上昇するきっかけになると期待されています。

5.ライトコインを取引するタイミングは?

ライトコインの将来性に期待ができると判断したら、実際にライトコインを購入してみると良いでしょう。ここでは、ライトコインを取引するタイミングについて紹介していきます。

5-1.価格が底値から転じたとき

ライトコインの取引で利益を狙うなら、安いときに購入し、価格が上がったタイミングで売る必要があります。価格が底値から転じたときが購入するタイミングに適しているでしょう。ライトコインのチャートをチェックして、いつが底値になるのかを判断することが重要です。特に、2019年にはライトコインの半減期が訪れますから、その前後の価格変動には注目しておくべきでしょう。ただ、相場の急な変動に備えて、思いがけない損失を抱えてしまわないように注意をしておく必要があります。ポジション管理などを意識して、リスクを回避することも大切です。

5-2.好材料となるニュースの後

ライトコインの将来性について、好材料となるニュースが流れた後は、期待感が高まることで価格が上昇する可能性があります。企業との提携やアップデートの情報など、前向きなニュースについてはいち早く入手できるように、普段から注意を払うようにしましょう。ニュースの入手先としては、ライトコインの公式サイトや開発者が発信するSNS、Web上の情報サイトなどを活用することができます。1つの情報源だけに頼ってしまうのではなく、複数の情報源を参考にしていくことが大事です。自分のトレードスタイルと照らし合わせて、必要な情報を集めてみましょう。

6.今後のイベント情報でライトコインの将来性を判断しよう!

ライトコインは、将来的に決済手段として普及する可能性を秘めた仮想通貨の1つです。実用化が進むことで、これからの価格上昇も期待できるでしょう。そのため、企業との提携など、前向きなニュースが発信されていないかをチェックしておくべきです。普段から情報を集めておくことで、適切な取引タイミングを見極めることができるはずです。DMM Bitcoinでも、ライトコインのレバレッジ取引が可能なため、取引を検討しているのならまず口座を作っておくと良いでしょう。ただし、レバレッジ取引は、投資金額を上回る損失が発生する可能性もあるため、資金に余裕を持って取引することが必要です。

※掲載されている内容は更新日時点の情報です。現在の情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連記事

今、仮想通貨を始めるなら
DMMビットコイン