ビットコインを生んだ「サトシ・ナカモト」とは誰か?

サトシナカモト
2020-01-15 更新

ビットコインは政府や中央銀行といった特定の機関に依存することなく成立している非中央集権型のデジタル通貨です。従来とはまったく異なる新しい枠組みを提示し、ビットコインの基盤技術であるブロックチェーンは様々な改良が加えられ、幅広い領域で活用され始めています。

ところが実はビットコインの基礎となった論文の執筆者は、未だに正体不明の謎の人物なのです。今回はそのミステリアスなビットコインの考案者とされている「Satoshi Nakamoto」(サトシ・ナカモト)について迫っていきましょう。

ビットコインは、正体不明の「サトシ・ナカモト」が書いた論文から生まれた

ビットコインの考案者は「Satoshi Nakamoto」(サトシ・ナカモト)と名乗る人物です。名前を見ると日本人のようですが、何者かは明らかになっていません。国籍も性別も個人なのか集団なのかも分かっておらず、2019年11月現在もその正体は不明のままです。正体については様々な説が噂されています。

過去、サトシ・ナカモトの正体を探す動きが見られたり、“自称”サトシ・ナカモトが現れたりしましたが、今のところ本物のサトシ・ナカモトは見つかっていません。ビットコインが稼働し始めてからしばらくの間は、サトシ・ナカモトがほとんど一人でマイニングを行っていたため、サトシ・ナカモトが保有するビットコインは約100万BTC(1兆円相当。2019年10月末のレートで換算 )にものぼると推測されています。しかも100万BTCという数量は、ビットコインの総発行予定数量(約2,100万BTC)の約4%を占めています。

またこれらは、いまだにサトシ・ナカモトのビットコインウォレットで保管され続けており、送付や取引などは一切行われていません。

サトシ・ナカモトのものと思われるアドレスからビットコインを送付できるのは、サトシ・ナカモト本人のみだと考えられるため、仮にこれらのアドレスに動きがあれば大きなニュースになるでしょう。ビットコインの価格に影響を与えることも考えられます。

サトシ・ナカモトの足跡をたどる

サトシ・ナカモトがどのようにしてネットの世界に出現し、消えていったのかを見ていきましょう。サトシ・ナカモトによるメールや掲示板への書き込みがあった期間は、2008年10月〜2010年12月とされています。

2008年10月31日、論文を投稿

まず、2008年10月31日、暗号理論に関するメーリングリスト「Cryptography」に「Satoshi Nakamoto」名義の論文が投稿されました。そのタイトルは「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」であり、ビットコインやブロックチェーンが誕生するきっかけとなった論文です。当時送られたメールはアーカイブされ、現在でもインターネット上で閲覧できます。

2009年1月、ビットコイン用ソフトウェアを初公開

論文の執筆には相当時間を要したはずで、実際に11月17日付のメールにはサトシ・ナカモトが2007年の前半頃からビットコインに取り組んでいることが伺える記述があります。その後、メールでのやり取りを経て、2009年1月8日にビットコインの最初のバージョン(ver0.1)がメーリングリストを通じて公開されました。それが、ビットコインプロトコルとそのリファレンス実装である「ビットコインコア」(Bitcoin Core)です。またこの日が、ビットコインの運用が開始された日と見なされています。

その後、2009年2月にはP2Pという通信技術を研究する組織「P2P Foundation」の掲示板(フォーラム)でサトシ・ナカモトがビットコイン(ver0.1)を紹介しています。P2P Foundationのアカウントプロフィールでは、ステータスが「日本」となっていますが、それがサトシ・ナカモトの国籍や住居を表しているのかは定かではありません 。

ビットコイン初のブロック(ジェネシスブロック)を生成

話が前後してしまいますが、実はビットコインのソフトウェアが公開される数日前、2009年1月3日にビットコイン初のブロック(ブロック0。ジェネシスブロック)が作成されています。サトシ・ナカモトがテスト的にマイニングしたものとされています(世界で初めてビットコインをマイニングした人物でもある)。

またこの時、最初のマイニング報酬として50BTCがサトシ・ナカモトのものと思われるビットコインアドレスへ送金されています。このブロックの中身は、特定のブロックやトランザクションを閲覧できるサービスを通じて確認可能です。

なおサトシ・ナカモトは、ビットコインを他人へ送付した初めての人物でもあります。

2010年中頃までビットコインを積極的に開発

サトシ・ナカモトは、2010年の中頃までは積極的にビットコインの開発に関わっていました。しかしその後、徐々にビットコイン開発やプロジェクト管理を他の開発者に任せるようになっていきます。ソースコードの管理やプロジェクト管理は、初期の頃からビットコイン開発に参加していたギャヴィン・アンドレセン氏に委ね、サトシ・ナカモトが所有していたビットコインのWEBサイト「bitcoin.org」のドメイン管理も、コミュニティに初期から参加していたメンバーに引き渡されました。

2010年12月以降、足取りが不明に

そして、サトシ・ナカモトは2010年12月12日、ビットコインフォーラムに最新版(ver0.3.19)のソフトウェアの告知を投稿した後、一切消息を絶ち、姿を消しています。

なお、2014年3月7日にP2P Foundationのフォーラムにサトシ・ナカモトのアカウントで、「I am not Dorian Nakamoto.」(私はドリアン・ナカモトではない)と投稿されていますが、これはサトシ・ナカモトのメールアドレスが不正利用された疑い(有効期限切れによる第三者の再取得)があるため、本人の投稿かどうかは不明です。

ビットコインのもう1つの通貨単位、「Satoshi」(サトシ)

ビットコインの通貨単位としては「BTC」がよく知られていますが、実はもうひとつ単位があります。それは、考案者のサトシ・ナカモトに由来するとされるビットコインの最小単位「Satoshi」(サトシ)です。1Satoshiは1億分の1BTCと等しく、ビットコインのソフトウェアレベルでは、Satoshiが基本的な単位として使われています。

ビットコインを少額決済に使う際にはSatoshiの方が分かりやすいという理由で、Satoshiが使われることが少なくありません。例えば、1BTC=100万円というレートなら「100satoshi = 1円」(1satoshi = 0.01円)と表示されます。

サトシ・ナカモトの正体は突きとめられず

前述のように、サトシ・ナカモトが誰なのか分からないため、その正体を突きとめようとする動きは2011年頃から見られています。過去、経済社会学者や暗号理論の研究者など、何人もの候補者が挙げられたものの、ほぼ全員が疑惑を否定しました。

2014年にはカリフォルニア州に住む日系アメリカ人男性のドリアン・S・ナカモト氏が、サトシ・ナカモトの正体ではないかと大々的に報道されたものの、本人は否定しています。前述の「I am not Dorian Nakamoto.」というP2P Foundationのフォーラムへの書き込みはこの報道に関連したものです。

ちなみに日本では、P2Pのファイル共有ソフト「Winny」の開発者である、故金子勇氏ではないかとの声も挙がっています。しかし、確たる証拠はありません。

自称「サトシ・ナカモト」も登場

ビットコインの考案者探しが行われる中、自らサトシ・ナカモトであると名乗り出る人物も現れています。2019年11月現在までに、複数人が「自称サトシ・ナカモト」としてメディアなどに登場しているものの、誰もが納得できる証拠を示した人物はひとりもいません。

自称サトシ・ナカモトとして有名な人物のひとりが、オーストラリアの実業家クレイグ・ライト氏です。ライト氏は2016年5月に、自身がサトシ・ナカモトであると主張して証拠を公開したものの、客観的な証拠とはいえないと指摘されています 。2019年11月現在でも、ライト氏は自身がサトシ・ナカモトであることを証明できていません。

また、ライト氏はビットコインキャッシュからハードフォーク(恒久的なチェーンの分岐)したビットコインSVの中心人物としても知られています。このハードフォーク時には、ビットコインキャッシュを暴落させると強く述べるなどの言動が問題視されました。

この他、サトシ・ナカモト探しに関しては、2019年4月にサイバーセキュリティ企業「マカフィー」の創業者ジョン・マカフィー氏が、サトシ・ナカモトと呼ばれる人物と話し合い、正体を明かす考えを明らかにしたことがあります 。しかしその後、マカフィー氏の弁護士からサトシ・ナカモトの正体を暴露することで、マカフィー氏が訴訟対象となるリスクがあるとして、公表は中止されました。

2019年4月当時、マカフィー氏は税金滞納などを理由にバハマへと逃亡しており、アメリカからバハマに対する身柄の引き渡し要求が懸念されていたようです。

サトシ・ナカモトのまとめ

ビットコインは2008年、「Satoshi Nakamoto」(サトシ・ナカモト)と名乗る人物が公開した論文を基にした仮想通貨です。サトシ・ナカモトの正体は2019年11月現在も明らかになっていません。国籍も性別も個人なのか集団なのかも分からないのです。

サトシ・ナカモトはビットコインのソフトウェアを2009年1月に公開した後、しばらくは他の開発者やメンバーとやり取りをしながら開発に従事していましたが、2010年12月12日のビットコインフォーラムへの書き込みを最後に表舞台から姿を消しています。

サトシ・ナカモトはミステリアスな存在であるがゆえに、これまで何度もサトシ・ナカモト探しが行われました。候補とされる人物の名前が何人も挙がってきましたが、ほぼ全員が否定しています。自称サトシ・ナカモトも複数人現れたものの、サトシ・ナカモトだという確たる証拠は提示できた人はいまだにいません(2019年11月現在)。

ビットコインは法定通貨とは異なる特殊な存在ですが、その考案者もまた謎の人物という意味でユニークな存在だといえるでしょう。

※掲載されている内容は更新日時点の情報です。現在の情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連記事

今、仮想通貨を始めるなら
DMMビットコイン