イーサリアムの購入方法は?DMM Bitcoinでの買い方を紹介

イーサリアム
購入
2019-12-11 更新

仮想通貨の世界において、ビットコインに次ぐ人気を誇っているのがイーサリアムです。人気の理由は、支払いといった価値の交換や保存が行えるだけではなく、プラットフォームとしての利用が想定されているためです。その点がなぜ注目されているのかを含め、イーサリアムがどういった目的で使われる仮想通貨なのか、どこで購入・取引できるのかについて解説していきます。

イーサリアムとはどんな仮想通貨?

まず、そもそもイーサリアムとはどのような仮想通貨なのか考えてみます。全世界に流通している仮想通貨にはいくつか種類があり、ビットコインはその中でも代表格です。そしてビットコイン以外の全ての仮想通貨は「アルトコイン」と呼ばれており、その中でも高い知名度を得ているものが「イーサリアム」(通貨単位:ETH)です。仮想通貨の人気度の目安のひとつとなる時価総額のランキングでは概ね2位で推移しており(2019年10月現在)、日本国内でもファンは多い仮想通貨だと言えるでしょう。

イーサリアムは、もともとヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)という人物により考案されました。彼がイーサリアムを開発したのは弱冠19歳の時であり、天才であるとの呼び声も高い人物です。現在、開発の主体となっているのはイーサリアム財団です。

あらゆる取引(契約)を自動実行するソフトウェア「スマートコントラクト」

イーサリアムは、ビットコインのように決済に活用できるだけではなく、独自アプリケーションにあたるスマートコントラクトを開発できる「プラットフォーム」となっている点が特徴です。

イーサリアムのブロックチェーン技術を利用して稼働しているアプリケーションは、分散型アプリケーション(DApps)と呼ばれています。こうしたアプリケーションは管理者を必要とせずに運用できるほか、データの整合性と安全性を高いレベルで確保できるようになっています。近年では、DAppsの応用例としてゲームが開発され世界的にも話題になりました。
イーサリアムを用いたアプリケーションの開発は盛んで、全世界的にも進んでいます。

イーサリアムの過去の価格推移をチェックする

2017年から2019年半ば頃までのイーサリアムの値動き動向を、DMM Bitcoinの「イーサリアム/円(ETH/JPY)のチャート(相場)(現物)」を確認しながら紹介しましょう。

2017年

2月にEEA(イーサリアム企業連合)が発足し、イーサリアムをビジネスで活用しようとする企業同士によるアプリケーション活用プロジェクトが立ち上がったこともあり、期待が高まりました。そのため価格は上昇し、6月には1ETHが4万円半ばを超えることになりました。しかしその後、3万円程まで下がってしまいます。

さらに、7月には一時的に2万円を切るほどにまで下がりました。これは15万ETHが盗難を受けるハッキング事件「The Dao事件」が発生したことが理由とされています。その後には9月のアップデート「ビザンチウム」への期待からか値上がりを始め、最高値で1ETH=4万円を超えるようになりました。ただし、中国から仮想通貨規制のニュースが報じられたことなどから、市場全体の冷え込みとともにイーサリアムの価格が下がっていってしまいました。

ビザンチウムの稼働が予定通り9月に実施されたため徐々に価格は回復していき、さらに仮想通貨市場が盛り上がったこともあって12月には1ETH=10万円近くまで高騰しました。

2018年

年が明けて1月には、全体的な仮想通貨高騰の波に乗って1ETH=17万円ほどにまで値上がりしました。ただしこの後、イーサリアムだけでなく多くの仮想通貨が下落に転じてしまいます。加えて、3月に仮想通貨規制について国際的な話し合いの場が持たれたこともあってか、さらに相場は下落していき、4月には最安値で4万円を切ることもありました。その4月にイーサリアムの改善案が発表されたことから、1ETHが9万円近くなるといった回復を見せました。

その後の2018年後半は徐々に値を下げていってしまい、12月には2万円を割る価格となっています。ただ、これは仮想通貨全体の市場の傾向でありイーサリアムが特別値下がりしたというわけではありません。

2019年

2019年に入っても価格に大きな変動はありませんでした。これは、1月に予定されていたアップデートが延期されたことと関係が大きいようです。そのアップデートが2月末頃に実施されるという情報が流れたことから、徐々に上昇を開始します。アップデートが3月頭に完了し、最高値が4月には2万円を超え、5月には3万円を超えるなど徐々に上昇しています。

その後は少し下がり、さらなるアップデート「イスタンブール」が11月へと延期されたことから多少の値動きはありましたが、1ETH=2万円前後で安定しています。

2020年1月3日実施予定日の大規模アップデート「セレニティ」

今後のイーサリアムの将来性、また価格動向への影響が考えられる要素としては、2020年に予定されているアップデート「セレニティ」があります。セレニティとは、イーサリアムを次の段階へと移行させ「イーサリアム2.0」にするという位置づけのものです。

これによる大きな変化は、コンセンサスアルゴリズムを従来の「プルーフ・オブ・ワーク」(Proof of Work。PoW)から「プルーフ・オブ・ステーク」(Proof of Stake。PoS)に移行する点にあります。プラットフォーム型の仮想通貨であるイーサリアムは、ブロックチェーン上でより多くのデータを処理しなければいけません。PoWを採用している現状ではスケーラビリティ問題を抱えてしまっているため、その解決を図ることを目指しているのです。

さらに、こうしたアップデートと同時に、メインで使用されているブロックチェーンの他に別のブロックチェーンを使って処理を効率化するための「サイドチェーン」を導入する「Plasma」(プラズマ)や、マイニングをより効率良く行なえるようにする「Sharding」(シャーディング)といったプロジェクトも進んでいます。

イーサリアムはDMM Bitcoinでも買える、購入できる

最盛期ほどではないにせよ、最近は堅調な動きを見せているうえ、今後のアップデートによる将来性の高さがイーサリアムの魅力です。そのイーサリアムを入手するにはどうすればいいのでしょうか。

イーサリアムは、仮想通貨交換業者から入手するのが手軽です。DMM Bitcoinもそのひとつで、日本の金融庁に登録を行った仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00010号)です。DMM Bitcoinでは、「現物取引」と「レバレッジ取引」でイーサリアムの取引ができます(どちらも取引手数料は無料。ただしレバレッジ取引に関しては「建玉金額の0.04% / 日」のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生)。

しかも、DMM Bitcoinでは日本円の入金・出金手数料は無料です。本稿で紹介しているイーサリアムの入庫・出庫手数料も無料です。

また、実際に取引を行なう口座の開設や仮想通貨取引そのものをパソコンとスマートフォンのどちらからでも行なえる点もDMM Bitcoinの特長です。

「現物取引」とは?

仮想通貨の取引には2種類あります。まずはそのひとつ「現物取引」の説明からいきましょう。

「現物取引」とは、ユーザーが口座に入金した資金の範囲内で仮想通貨を売買する取引のことです。最初に仮想通貨を購入することからスタートし、その仮想通貨の価格変動を見て売却して利益を得るといったことが可能です。具体的には、トレード口座に10万円が入金してあれば10万円分の仮想通貨を購入でき、価格が値上がりしたタイミングで売却すれば差額の利益を得られるというわけです。

DMM Bitcoinでは、現物取引の対象仮想通貨として、今回説明しているイーサリアムのほかにもビットコインとリップルの3種類を取り扱っています(2019年10月現在)。

交換レートが1ETH=2万円の場合、DMM Bitcoinの現物取引では200円から購入できる

仮想通貨は、DMM Bitcoinの場合「最小発注数量」に記載されている数量から購入できます。「仮想通貨取引銘柄(通貨ペア)」一覧表を見ると、DMM Bitcoinでの現物取引におけるイーサリアムの最小発注数量は「0.01ETH」となっています。

例えば、DMM Bitcoinでの現物取引では1ETH=2万円という交換レートの場合には200円から購入できます。自分が用意できる資金に合わせて購入できるというわけです。

実際に取引を行なう際には、「イーサリアム/円(ETH/JPY)のチャート(相場)(現物)」を確認して、必要な金額を確認しましょう。

「レバレッジ取引」とは?

もうひとつの仮想通貨の取引方法として、「レバレッジ取引」があります。こちらは、「現物取引」とは違い、トレード口座に入庫されている金額を「証拠金」とし、それを元にした規定の倍率までの額の取引が行なえます。DMM Bitcoinでは証拠金の4倍までの取引が可能なため、トレード口座に10万円が入っているのであれば最大で40万円分の仮想通貨を取引することができます。場合によってはマイナスが発生してしまいますが、大きな金額を取引できるため利益も大きくなる可能性があります。また、仮想通貨を保有していなくても「売り」が行なえる「反対売買」も可能なので、値下がり傾向の時期に「売り」を行いさらに値下がったところで「買い」を実行し決済すれば利益を得られます。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引では、先のイーサリアム、ビットコイン、リップルに加え、ネム、ライトコイン、イーサクラシック、ビットコインキャッシュと国内最多7種類の仮想通貨を扱っています(2019年6月現在、国内仮想通貨交換業者のウェブサイト調べ)。

BTC ETH XRP XEM LTC ETC BCH

仮想通貨取引のリスクとは?

最小発注数量が存在しているため少額から手軽に始められる仮想通貨取引です。その一方、価格が変動することを利用して利益を得る構造のため、リスクが生じることも認識しておかなくてはなりません。例えば、アップデートなどで価格が大幅に変動することもある点が一番に挙げられるリスクでしょう。今回紹介したイーサリアムもその例外ではありません。

大規模アップデート前後で価格が変動する可能性

イーサリアムの場合、大規模アップデートの前後で価格が変動する可能性が大きいといえます。上昇するのか下降するのかはアップデートの内容によりますが、注意が必要なことには変わりありません。日々のニュースなどをこまめにチェックするように心掛けましょう。

仮想通貨取引に由来するリスク

仮想通貨全体の傾向としては価格の変動幅を表す「ボラティリティ」が高いのですが、これは大きな利益を生み出す可能性もあると同時に、大きな損失が発生してしまう可能性もありえます。また、仮想通貨取引にはストップ高・ストップ安という値幅制限の仕組みがないため、ボラティリティの高さと相まって利益と損失が大きくなる可能性も理解しておく必要があります。

まとめ

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ知名度と時価総額を誇る仮想通貨で、日本国内でも人気はトップクラスです。仮想通貨としての側面だけでなく、独自のトークンやスマートコントラクトを開発することができる「プラットフォーム」である点も重視されています。

DMM Bitcoinではイーサリアムの取引は「現物取引」と「レバレッジ取引」が可能です。取引を行なう際には、2020年に予定されている大規模アップデート「セレニティ」で明らかになる将来性に注目すべきでしょう。

またこのアップデートにより、価格が大きく変動する可能性がある点にも気をつける必要があります。過去の価格推移を確認するほか、最新情報を収集し冷静に取引を行なうように心がけましょう。

※掲載されている内容は更新日時点の情報です。現在の情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

今、仮想通貨を始めるなら
DMMビットコイン