ビットコインとは?買い方・購入方法をわかりやすく解説!

ビットコイン
2019-12-11 更新

ビットコインは人類で初めてブロックチェーンによって実現した仮想通貨で、現在でも不動の人気を誇るメジャーな仮想通貨です。そのビットコインですが、どのように購入したり取引したりすればいいのでしょうか。今回は、ビットコインの概要を含め買い方や購入方法を分かりやすく解説していきます。

仮想通貨とは?ビットコインの仕組みや特徴は?

ビットコインは、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)という謎の人物が論文の形で基本仕様を公開し、世界で初めて実装された仮想通貨です。そして仮想通貨の中では世界で最もメジャーで、時価総額も第1位(2019年10月現在)の状態が続いています。仮想通貨に全く興味が無い方でも「ビットコイン」という名前だけは聞いたことがある、という人も多く存在するというくらい、一般にも認知が進んでいる通貨です。

政府や金融機関に依存しない非中央集権型のデジタル通貨

ビットコインは、日本円などの法定通貨とは異なり、紙幣や貨幣といった実体が存在しない電子的な存在であり、電子的な通貨という点では電子マネーやゲーム内のコインと似ているものの、ビットコインには電子マネーなどに存在する発行者や管理者が存在しないという点で大きな違いがあります。

特定の主体によって発行されたり、管理されたりすることのない分散型と呼ばれる思想は、ビットコインにおける重要な思想的基盤となっています。

「サトシ・ナカモト」の論文を基に開発され、2009年に運用が開始された

ビットコインのアイデアの基になったサトシ・ナカモトの「ビットコイン:P2P 電子通貨システム」という論文は2008年10月31日に暗号学のメーリングリスト上で公開されました。

その後、この論文に感化された多数のエンジニアたちによって、2009年1月8日にビットコインのソフトウェアがリリースされ、ネットワークが稼働し始めました。

ビットコインとブロックチェーン

ビットコインを支える中核技術としてブロックチェーン技術が存在します。ブロックチェーンとは、P2P(ピアツーピア)ネットワーク上で電子署名公開鍵暗号ハッシュ関数などの暗号技術を利用することで、データの改ざんを防いだり、検出したりできる技術です。

またマイニング(採掘)を行うマイナー(採掘者)は、ブロックチェーンにおける新しいブロックを作る役割を持っており、それに成功したマイナーは採掘報酬を受け取ることができます(後述)。

ビットコインが誕生した当初、世界にはビットコインのブロックチェーンしか存在していませんでした。しかし、今ではイーサリアムをはじめとするさまざまなブロックチェーンが開発されバリエーションが非常に増えています。

マイニングとは?

管理者が存在しないビットコインでは、分散型のネットワークに参加しているノード(コンピューター)によって取引の正当性が検証されています。

ネットワークを構成しているノードを介して伝搬しネットワーク上に流通するトランザクション(取引)は、マイナーと呼ばれるノード(コンピューター)によって「ブロック」というデータの固まりにまとめられていき、ブロック生成に成功したマイナーには、報酬として新規発行されたビットコインが支払われます。なお、ビットコインではブロックが平均で10分ごとに生成されています。

労力を割いて報酬を獲得する様子が、鉱山労働者が鉱物を採掘する様子に似ているため、マイニングと呼ばれています。

関連コラム:

ビットコインのもう1つの通貨単位、「Satoshi」(サトシ)

ビットコインの基本単位は1BTCですが、より小さな単位も存在しています。それが、ビットコインの考案者であるサトシ・ナカモトの名が由来とされる最小単位、「Satoshi」(サトシ)です。

1satoshiは1BTCの1億分の1で、「1satoshi=0.00000001BTC」となります。仮に、1BTC=100万円というレートなら「100satoshi = 1円」(1satoshi = 0.01円)として計算でき、10万satoshi = 1,000円となります。

仮想通貨交換業者を通した取引を行う上では、「satoshi」という単位を目にする機会は少ないかもしれません。しかし、ビットコインのブロックチェーン上では実際には「1satoshi」(=0.00000001BTC)単位が基準となっています。

ビットコインの過去の価格動向を把握する

ビットコインが誕生してから2016年ごろまでは、それほど取引をする人も多くなく、価格も一時20万円程度になったことがあるものの、5万円から10万円程度で概ね推移していました。

ビットコインの過去の価格変動における大きなトピックとしては、2017年の価格上昇に結び付いた「ビットコインキャッシュ」(通貨単位: BCH)の「ハードフォーク」が挙げられるでしょう。2017年1月頃は1BTC=10万円程度だった価格が、ビットコインキャッシュをめぐる騒動を皮切りに投資家の注目を集め、「ビットコイン/円(BTC/JPY)のチャート(相場)(現物)」を見てみると11月には1BTC=100万円を超えていることがわかります。12月には一時200万円を超える場面もありました。

しかし2018年1月、ビットコインの価格が30%ほど下落しました。その原因は様々な要因が考えられ一概には決められませんが、その時の値動きは他の金融商品とは比較にならない程のスピードで暴騰・暴落を記録しており、改めて仮想通貨・ビットコインのボラティリティの高さが注目されました。ビットコインはその後100万円まで回復することがあったものの、11月には仮想通貨市場全体が暴落する状態となり、ビットコインも1BTC=40万円台まで値を下げました。そして2018年の12月には、40万円前後まで下降しています。

2019年に入ってからは、大幅な価格変動がありつつも上昇傾向を続け、2019年10月現在は100万円前後で推移しています。

2017年8月に起こった「ビットコインキャッシュ」の「ハードフォーク」とは

ブロックチェーンは分岐(フォーク)することが多々あり、特に1つのブロックチェーンが互換性のない形で複数に枝分かれすることを「ハードフォーク」と呼びます。これは、従来のソフトウェアと互換性のないアップグレードに相当する状態を指しており、従来バージョンの仮想通貨、新バージョンの仮想通貨の2種類が存在する事態につながるため、新しい仮想通貨が誕生することになります。

ビットコインも、スケーラビリティ問題をきっかけとして2017年8月1日にハードフォークが実施され、ビットコインキャッシュが誕生しました。スケーラビリティ問題とは、トランザクション(取引)数の増加にネットワークの処理能力が追い付かず、送付の遅延やマイナー手数料の高騰を引き起こす現象のことで、特にインターネット上にパブリックに公開されているブロックチェーンでは大きな問題となっています。

ビットコインの場合、ブロックサイズの上限が1MBと決まっており、さらに平均して約10分間に1回しかブロックが生成されない仕組みであるため、処理できるトランザクション数には限界があります。そこで、ビットコインは、現在のブロックサイズを変えないように開発を進めているのですが、ハードフォークして誕生したビットコインキャッシュは、ブロックサイズを大きくすることで、スケーラビリティ問題に対応しようとしたのです。このようにコミュニティで意見が別れたため、ハードフォークが実行されました。

なお、開発者やユーザーコミュニティが分裂したものの、ビットコインとビットコインキャッシュの両方とも時価総額や取引量がトップレベルの仮想通貨として存在し続けています(2019年10月現在)。

関連コラム:

4年に1度必ず発生するビットコインの「半減期」は、2020年5月実施か

ビットコインの価格動向に影響しそうな大きな要因として、ビットコインの採掘報酬が半減するタイミング「半減期」があります。ビットコインでは、約4年に1度マイニングにおけるマイナーへの採掘報酬が半減するように決められており、次の半減期は2020年5月にあると予測されています(2019年10月現在)。この半減期では、採掘報酬が現在の12.5BTCから6.25BTCに半減する予定です。

半減期の仕組みがあるのは、ビットコインの需給バランスを調整し、発行上限数量に到達した場合(2140年ごろ)などの価格高騰を抑えるためとされます。マイナーへの採掘報酬を段階的に減らすことでマイニングによる利益・インセンティブを抑制できるため、ビットコインのゆるやかな新規採掘減少につながり、急激な価格高騰を防げると考えられています。

関連コラム:

将来的な展望としては「ライトニングネットワーク」に注目

ビットコインが関係する技術動向の内、将来的な展望としては「ライトニングネットワーク」に注目が集まっています。ライトニングネットワークは、少額決済・少額送金に向けた手数料の低減、トランザクション処理の高速化を目指す仕組みです。

トランザクションをブロックチェーン上で処理するのではなく、ブロックチェーンの外側で処理をすることから「オフチェーン」技術と呼ばれており、現在のビットコインのスケーラビリティ問題の解決策の1つと目されています。

ビットコインは、 DMM Bitcoinで売買できる

ここからは、ビットコインなどの仮想通貨を実際に手に入れる方法を紹介していきましょう。

仮想通貨の手軽な入手方法は、日本国内でサービスを提供する仮想通貨交換業者から購入(取引)することです。仮想通貨交換業者とは、日本の金融庁・財務局に登録を行い、日本国内居住者向けに仮想通貨取引サービスを提供している業者を指します。例えばDMM Bitcoinも、その仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00010号)です。

DMM Bitcoinでは、「現物取引」「レバレッジ取引」でビットコインを売買できます。また、日本円の入金・出金手数料は無料で、現物取引、レバレッジ取引とも取引手数料が無料となっています(レバレッジ取引に関しては「建玉金額の0.04% / 日」のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生)。ビットコインの入庫・出庫手数料も無料です。

パソコンとスマートフォンのどちらでも、口座開設や仮想通貨の売買を行えるため、自分に合った取引スタイルを選択できます。

ビットコインの「現物取引」

「現物取引」とは、顧客と仮想通貨交換業者の間で取引ごとに現金や仮想通貨の受け渡しが行なわれる取引です。また、口座に入っている金額の範囲内だけでの取引が可能で、例えば口座に10万円あるなら同額分のビットコインを購入できます。

DMM Bitcoinの現物取引では、ビットコイン、イーサリアム(通貨単位: ETH)、リップル(XRP)を売買できます(2019年11月現在)。

交換レート1BTC=100万円なら、DMM Bitcoinの現物取引では1,000円から購入できる

DMM Bitcoinの現物取引におけるビットコインの最小発注数量は、「仮想通貨取引銘柄(通貨ペア)」一覧表によると「0.001BTC」となっているため、仮に1BTC=100万円という交換レートなら、DMM Bitcoinの現物取引では1,000円(0.001BTC)から購入できます。自分が用意できる資金に合わせて少額から購入できることが、仮想通貨の大きな魅力の1つにもなっているのです。

また実際に取引を行う際には「ビットコイン/円(BTC/JPY)のチャート(相場)(現物)」をよく確認し、冷静に売買のタイミングを狙っていきましょう。

ビットコインの「レバレッジ取引」

レバレッジ取引とは、一定金額の資産を預けることで、それを担保としてより大きな金額で売買をする取引のことです。損失時の決済のために「証拠金」として一定額をトレード口座に入れておくことを条件に、規定の倍率までの大きな金額を動かせます。例えば、DMM Bitcoinであれば証拠金の最大4倍まで取引が可能なので、10万円あれば最大40万円の取引が行えることになります。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引では、先のイーサリアム、ビットコイン、リップルに加え、ネム(通貨単位: XEM)、ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)と国内最多7種類の仮想通貨を扱っています(2019年6月現在、国内仮想通貨交換業者のウェブサイト調べ)。

BTC ETH XRP XEM LTC ETC BCH

仮想通貨取引にはリスクもある

ビットコインの半減期やライトニングネットワークの普及が価格動向に影響を与える可能性があるため注意が必要です。

また、価格の変動幅を示す「ボラティリティ」が高い点やストップ高やストップ安の仕組みがない点などもリスクとして認識しておきましょう。

まとめ

ビットコインは、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)という謎の人物が論文の形で基本仕様を公開し、世界で初めて実装された仮想通貨でした。また、ビットコインを支える中核技術として、ブロックチェーンがあり、現在も様々な角度から開発が進められています。

仮想通貨交換業者であるDMM Bitcoinでは、「現物取引」「レバレッジ取引」でビットコインを売買できます。ビットコインの価格動向に影響しそうな大きな要因として、2020年4月頃と予想されているビットコインの「半減期」や少額決済・少額送金に向けた手数料低減、トランザクション処理高速化を目指す「ライトニングネットワーク」といった要素が挙げられます。どちらも相場に影響を与える可能性があるため、取引だけではなく、最新の情報を集めながら取引を行うことが重要です。

※掲載されている内容は更新日時点の情報です。現在の情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

今、仮想通貨を始めるなら
DMMビットコイン