暗号資産(仮想通貨)交換業者とは?DMM Bitcoinで解説

仮想通貨
取引所
2019-10-30 更新

投資や決済手段として注目を浴びている仮想通貨。これを購入・売却するには、「仮想通貨交換業者」を通じて行なうのが一般的です。多くの仮想通貨交換業者が、取引をするうえで必要になる様々な情報を提供しているほか、取引を手軽に行なうための便利なツールを用意しているためです。とはいえ、初心者にとってはどういったところが便利なのか、そもそも仮想通貨交換業者とは一体何なのかというところから疑問であったりすることでしょう。ここでは、仮想通貨交換業者であるDMM Bitcoinを例に、それらについて解説するとともに、仮想通貨取引におけるメリットも含めて説明します。

仮想通貨交換業者とは、どのようなことを行っている企業なのか?

普段使用している貨幣や紙幣といった物としての形がある日本円などの法定通貨に対し、ネットワーク上にのみ存在しているのが仮想通貨になります。その仮想通貨にもビットコインを含めさまざまな種類があり、それらを手軽に取引できるサービスを提供している企業が仮想通貨交換業者です。

仮想通貨交換業者は、ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引サービスを提供

自分の資金を使い、仮想通貨を取引する方なら誰でも、仮想通貨交換業者は安全かつ安心して取引できるサービスを提供してほしいはずです。

日本の仮想通貨交換業者は、金融庁・財務局に登録を行なったうえで日本国内居住者向けに仮想通貨取引サービスを提供しています。つまり、「仮想通貨交換業者」として登録している企業であれば、ある一定の安全基準を満たしていることが金融庁によって保証されているわけです。

金融庁によって求められる安全基準は厳しく、仮想通貨交換業者から提供されるサービスの質も高いため、ビットコインなどの仮想通貨の入手や取引に最適な存在といえます。そしてDMM Bitcoinも、そのような金融庁に登録済みの仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00010号)なのです。

口座開設は、パソコンとスマートフォンのどちらでも行える

DMM Bitcoinにおいて、仮想通貨を取引するための口座を開設する手続きは、WEBサイトを通じてパソコンとスマートフォンのどちらからでも手軽に行なえます。「口座開設の流れ」で紹介しているように、メールアドレスを登録してから指定された基本情報を入力し、本人確認書類を提出すると審査が行われます。その後、審査を通れば無事開設です。各金融機関において本人名義の金融機関口座を開設した経験があれば、手間取ることはないでしょう。

DMM Bitcoinでは、仮想通貨の「現物取引」と「レバレッジ取引」を提供

仮想通貨においては、簡単に2種類の取引方法があります。それが「現物取引」と「レバレッジ取引」です。

仮想通貨の「現物取引」

「現物取引」とは、法定通貨(日本円)で実際に仮想通貨を購入・売却できる取引です。取引のたびに現金と仮想通貨の受け渡しを行います。

現物取引の場合、自分の口座に入金した金額以上のビットコインを購入することはできません。ビットコインを売却する場合は、自分が実際に保有している数量のみを売却できます。

DMM Bitcoinの現物取引で購入できる仮想通貨は、ビットコイン(通貨単位:BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)の3種類になります(2019年10月現在)。それぞれの仮想通貨について簡単に説明しておきましょう。

「ビットコイン」(通貨単位:BTC)

「サトシ・ナカモト」が2008年11月に発表した論文を基に開発が始まり、2009年1月より運用が始まった、最も知名度が高い仮想通貨です。中心的な組織・システムなどを置かず、ユーザー同士を直接結びデータをやり取りする「P2P」(ピアツーピア)ネットワーク上で、複数のトランザクション(暗号化した取引データ)をまとめたブロックを1つのチェーン(鎖)につなぎ記録していくというブロックチェーン技術を採用しています。発行上限数量は2,100万BTCに定められています。

イーサリアム(通貨単位:ETH)

2015年から運用が開始された、比較的新しい仮想通貨です。技術基盤となっているブロックチェーン上に、取引情報だけではなく契約内容を記録できます。ブロックチェーン技術を使って誰でも自由に専用アプリケーション(スマートコントラクト)を作成できます。

リップル(通貨単位:XRP)

管理主体が存在しないビットコインと異なり、アメリカのリップル社が管理主体となっている中央集権型の仮想通貨です。スケーラビリティ問題を解決し、決済にかかる時間が短縮されています。銀行間送金を含め、あらゆる通貨の橋渡しをするブリッジ通貨としての役割を担うことが期待されています。

仮想通貨の「レバレッジ取引」

「レバレッジ取引」では、損失時の決済に備える一定額の資金(証拠金)を担保に、それより大きな金額の取引を行えます。また、取引ごとの現物(仮想通貨)の受け渡しは行われません。仮想通貨を売買(新規注文と決済注文)したときの「差額の現金(日本円)のみ」を「決済時に受け渡す」差金決済取引となっています。

例えば10万円の資金がある場合、現物取引では10万円分までの取引しかできません。一方レバレッジ取引では、10万円を証拠金として、レバレッジ倍率分(DMM Bitcoinの場合最大4倍)の金額の取引が可能です。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引では、先に挙げた3種類の仮想通貨に加え、ビットコインキャッシュ(通貨単位:BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ネム(XEM)といった4種類の仮想通貨を含めた7種類の仮想通貨の取引ができ、国内の仮想通貨交換業者では最多です(2019年6月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ)。

その4種類についても簡単に説明しましょう。

ビットコインキャッシュ(通貨単位:BCH)

ビットコインキャッシュは、2017年にビットコインから分岐した仮想通貨です。基本的な設計思想はビットコインと同じものの、一度に処理できる取引量(ブロックサイズ)を拡張しています。

ビットコインやビットコインキャッシュに限らず、仮想通貨の基盤であるブロックチェーンの問題点のひとつにスケーラビリティ問題があります。これは、処理すべき取引データが増えれば増えるだけ、ブロックチェーンの性能が追いつかなくなるという問題です。

この問題解決のためブロックサイズの拡張を採用したコミュニティが、ビットコインからビットコインキャッシュを分岐させました。

イーサリアムクラシック(通貨単位:ETC)

イーサリアムクラシックは、イーサリアムから分岐して誕生した仮想通貨です。

イーサリアムは、多額のイーサリアムが流出した「The DAO」事件(2016年)によって、大きな被害を受けました。この時、流出したイーサリアムの扱いについてコミュニティが紛糾し、流出分も含めた上でブロックチェーンを維持すべきとして分裂したものが、イーサリアムクラシックです。現在はIoT(モノのインターネット化)分野での利用を意識しており、イーサリアムにはない長所を伸ばしていこうとしています。

ライトコイン(通貨単位:LTC)

ライトコインは、決済性能を向上させるため2011年に開発された仮想通貨で、日常的な決済に利用しやすいことを目指しています。

ライトコインは、「Segwit」(セグウィット)という取引データを圧縮するためのシステムを取り入れ、スケーラビリティ問題に対処しています。これによりトランザクション(取引)の処理スピードを向上させており、取引の承認(決済の完了)までの時間が平均2分30秒となっています。ビットコインが承認まで平均10分間かかる点と比べると、高速といえるでしょう。

また発行上限数量を8,400万LTC(ビットコインは2,100万BTC)と設定することで希少性を排除し価格を抑え、日常的な決済に使いやすいようにしています。

ネム(通貨単位:XEM)

ネム(NEM)は、独自の技術や仕組みを備えたブロックチェーン開発プロジェクトです。ネムというプラットフォーム上で流通している仮想通貨が「XEM」(ゼム)なのですが、一般的にはこれを「ネム」と呼んでいます。

また、発行上限数量「8,999,999,999XEM」の発行がすでに完了しており、ビットコインのようにマイニング(採掘)で新規発行されることはありません。ただし、ネムでも取引の正当性の検証・承認作業が行われており、作業の対価として「ハーベスト」と呼ぶ報酬が支払われています。

仮想通貨は、自分の余剰資金に合わせて、少額から購入できる

ビットコインなどの仮想通貨の取引では、大きな額の資金が必要なわけではありません。仮想通貨交換業者が各仮想通貨に設定している「最少発注数量」に合わせて、少額から取引が可能です。DMM Bitcoinでは「取引概要」ページの一覧表で確認できます。

最小発注数量とは、その仮想通貨を購入・売却できる最低限度の数量を示しています。「仮想通貨取引銘柄」(通貨ペア)の「現物」(現物取引)表では、ビットコインの現物取引では、最小発注数量は「0.001BTC」となっています。

例えば1BTC=100万円という交換レートの場合、DMM Bitcoinの現物取引では1,000円(0.001BTC)からビットコインを購入できます。

パソコンとスマートフォン向けに、使いやすい取引ツールを提供

DMM Bitcoinでは、仮想通貨取引のためのツールとして、パソコン向けの「PC版取引システム」と、スマートフォン向けの「スマートフォン版取引システムアプリ」を用意しています。どちらも、仮想通貨の「現物取引」と「レバレッジ取引」の両方に対応していますので、状況に合わせて使い分けるといいでしょう。

「PC版取引システム」は、仮想通貨の情報確認機能と取引機能が備わっています。レイアウトをカスタマイズ可能なので、自分好みの配置を作り出せます。チャート機能が充実している点もポイントです。

「スマートフォン版取引システムアプリ」は、iOS用とAndroid用の両方が提供されているネイティブアプリです。使い慣れたスマートフォンでいつでもどこでもタッチ操作で手軽に取引できるうえ、PC版取引システムに匹敵するほどの機能を搭載しています。

サービス提供時間は24時間365日(メンテナンス時間は除く)

DMM Bitcoinのサービス提供時間は、土日や祝日を含む24時間365日です(メンテナンス時間は除く)。取引における「1日」の区切り(計算区域)は、午前7時~翌午前6時59分になります。例えば、仕事を終え帰宅してから取引を行う、週末だけ取引するなど、仮想通貨取引の初心者の方でも、自分のライフスタイルに合わせる形で取引を行いやすいでしょう。

仮想通貨の売買・取引にかかわる手数料

DMM Bitcoinでは、口座への入出金手数料は無料です。ただし、口座に入金する時に銀行からの振り込みを使う場合の振込手数料はお客様負担になります。仮想通貨の入出庫ついても、DMM Bitcoinに支払う手数料は無料です(入庫時はマイナーへの手数料が別途必要)。

また、現物取引とレバレッジ取引の取引手数料も無料である点も覚えておきましょう。

365日問い合わせが可能なサポート体制

DMM Bitcoinでは、土日も含めた365日問い合わせが可能です。問い合わせは、専用フォームからのほか、LINEからも行えます。「よくある質問」ページでは、問い合わせが多い情報に加え、仮想通貨取引を行う上で参考になる基本的知識についてもまとめられているので、初心者の方は一度目を通しておくとよいでしょう。

仮想通貨取引に関するリスクの明示

仮想通貨取引では、利益を得る可能性というメリットと同時にリスクも存在しています。DMM Bitcoinでは、そうしたリスクを「仮想通貨取引に関わるリスク」ページで明示しています。

紹介されているリスクは、仮想通貨そのもの、仮想通貨取引、レバレッジ取引、法令・税制などそれぞれについて仕組み上発生しうるものです。典型的な例を明示しているため、リスクを回避する方法を検討・考慮する際に参考になるでしょう。

まとめ

仮想通貨交換業者は、日本の金融庁・財務局に登録を行なった、日本居住者向けに仮想通貨取引サービスを提供する業者のことです。DMM Bitcoinも、日本の金融庁に登録を行った仮想通貨交換業者(関東財務局長 第00010号)です。金融庁による厳しい審査を通過しているため、仮想通貨交換業者のサービスの質は高くなっており、ビットコインの入手や取引を始めるに当たって最適な存在といえます。

DMM Bitcoinの場合、パソコンとスマートフォンのどちらからでも、口座開設や仮想通貨取引を行えるほか、日本円の入出金・仮想通貨の入出庫の手数料、さらに現物取引・レバレッジ取引の取引手数料が無料となっています。

仮想通貨取引は少額から行えるので、リスクについても把握しつつ、無理のない範囲で余剰資金を使って運用していくといいでしょう。

※掲載されている内容は更新日時点の情報です。現在の情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連記事

今、仮想通貨を始めるなら
DMMビットコイン