イーサリアムの特徴は?ビットコインとの違いを説明

イーサリアム
ビットコイン
違い
2019-10-30 更新

イーサリアムはビットコインと目的や用途が大きく違う仮想通貨です。ビットコインが価値の交換や保存といった決済用途なのに対して、イーサリアムはプラットフォームとしての利用が想定されています。イーサリアム独自の特徴を理解して、情報収集を進めていきましょう。

ビットコインとイーサリアムは何が違う?

ビットコインとイーサリアムは、目的や用途がそれぞれ大きく違う仮想通貨です。どちらがより優れている、より劣っているというわけではなく、それぞれの特徴に合わせた活用が進められています。

ビットコインは価値の交換や保存に便利

ビットコイン(通貨単位はBTC)は、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)という人物によってその基本仕様が公開され、世界で初めて実装された仮想通貨です。ビットコインは価値の交換や保存に向いており、通貨のように決済手段として用いられます。仮想通貨の中では世界で最もメジャーで、時価総額も第1位(2019年10月現在)の状態が続いています。

イーサリアムは独自ソフトウェアを開発できるOSのような存在

イーサリアム(通貨単位はETH)は、仮想通貨というだけでなく、いわばパソコンやスマートフォンのOS(オペレーションシステム)のような働きが想定されています。イーサリアムの技術基盤となっているブロックチェーンはプラットフォーム型と呼ばれており、その上で多様なアプリケーションを構築し動かせます。そのため、分散型ゲームや分散型SNS、分散型取引所などが実際に開発されています。

仮想通貨としてのビットコイン、イーサリアムを比較する

仮想通貨としてのビットコインとイーサリアムを比較してみましょう。それぞれ開発された背景や思想が異なるため、大きな違いがあることが分かります。

ビットコインのポイント

ビットコインは、時価総額第1位(2019年10月現在)で推移しており、言わずと知れた仮想通貨の代表格的存在です。

ビットコインの考案者サトシ・ナカモトは、暗号学のメーリングリストに突如ビットコインの設計図に当たる論文を公開しました。サトシ・ナカモトが誰なのか今なお明らかになっていませんが、その内容に共感した有志のエンジニアたちによって具体的なビットコインとして実装されました。そのため、運営主体は存在しませんが、開発コミュニティは存在し、現在も積極的な開発が進められています。

ビットコインのマイニング(採掘)などに利用されているコンセンサスアルゴリズムは、「プルーフ・オブ・ワーク」(Proof of Work、PoW)と呼ばれるもので、1ブロック承認時間は約10分になっています。また、発行上限数量は2,100万BTCです。

通貨単位としては、BTCだけでなく、最小単位として「Satoshi(サトシ)」も存在します。1satoshiは1BTCの1億分の1、つまり「1satoshi=0.00000001BTC」です。仮想通貨交換業者でビットコイン取引を行う上では、この単位を目にする機会は少ないかもしれません。しかし、ビットコインのブロックチェーン上では実際には「1satoshi」(=0.00000001BTC)単位が基準となっています。

イーサリアムのポイント

イーサリアムは、時価総額第2位(2019年10月現在)で推移しており、人気度が高く、日本でもよく知られている仮想通貨です。ビットコイン以外の仮想通貨の総称として「アルトコイン」という言葉が用いられており、その代表格としてイーサリアムの名を挙げる方は少なくありません。

イーサリアムの考案者はヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)という人物です。彼は若干19歳の時にイーサリアムを開発しました。現在はイーサリアム財団(Ethereum Foundation)が開発主体となっています。

コンセンサスアルゴリズムは、今のところビットコインと同じPoWで、1ブロックの承認時間は約15秒と、ビットコインと比べ非常に短くなっています。また、ビットコインと異なり発行上限数量は定められていません。

イーサリアムの通貨単位はETH(イーサ、ether)です。また、最小通貨単位は「wei」で、1etherが100京weiというレートになっています。実際には、「10億分の1ETH」(10億wei)にあたる「gwei」(1gwei = 1,000,000,000 wei = 0.000000001ether)が利用される機会も多いようです。

なおgweiは、情報理論の考案者として知られる数学者クロード・シャノンにちなみ、Shannonというニックネームが付けられています。

イーサリアム最大の特徴は、「プラットフォーム」であること

イーサリアムについて語る際は、仮想通貨としての側面だけでなく、独自にトークンやスマートコントラクトを開発できる「プラットフォーム」である点を考慮する必要があります。すでに紹介した通り、イーサリアムはパソコンなどのOSのような働きをするものであり、そのブロックチェーンの上でアプリケーションを構築・稼働させることが可能です。

またイーサリアムでは、「メインネット」(Mainnet)と呼ばれる本番環境のパブリックチェーンとは別に、特定組織(企業・個人)だけが利用できる「コンソーシアム」(プライベート)チェーンを稼働させることも可能です。

あらゆる取引(契約)を自動実行するソフトウェア「スマートコントラクト」

イーサリアムがプラットフォームとして利用できるのはなぜでしょうか?それは、仲介者を必要とせず、取引(契約)を自動実行し、ブロックチェーンに履歴を記録できる仕組みを備えているからです。この仕組みをスマートコントラクトといいます。ボタンを押すと、飲み物を自動で販売する自動販売機などを思い浮かべるといいでしょう。

スマートコントラクトは新しい概念ではなく、元は1990年代から提唱されていた概念や技術でしたが、ブロックチェーンの高い耐改ざん性をはじめとする特徴も相まって、さらに実用面で踏み込んだ利用が可能になったことで注目を集めました。

実際にイーサリアム上でスマートコントラクトを実装する際は、専用のプログラミング言語である「Solidity」(ソリディティ)を使うことが多いです。現在では、Python(パイソン)というプログラミング言語によく似た言語Vyper(バイパー)も存在します。

DApps(分散型アプリケーション)として応用例が広がる

ブロックチェーン上で稼働しているアプリケーションは分散型アプリケーション(DApps)と呼ばれています。最近では、ブロックチェーンを利用したゲームがDAppsゲームとして日本でも話題になりました。

DAppsゲームでは、ゲーム内で獲得したアイテムや育てたキャラクターが資産となるという、従来にはなかったゲーム体験ができることが注目を集めています。これは、ブロックチェーンによって資産の保持や譲渡がデジタル世界でもできるようになったことが大きな理由です。ゲームの垣根を超えて、キャラクターやアイテムが利用できるコラボも行われており、より広がりが生まれそうな予感を感じさせます。

また、DAppsゲーム以外にも、ブロックチェーンを利用したSNSや、管理者のいらない仮想通貨の分散型取引所なども開発されており、その数やバリエーションは日に日に増えています。

大規模なアップグレードが予定されている

イーサリアムは、当初から大規模なアップデートが段階的に実行されるよう予定されていました。このような大規模アップデートは機能向上という点で大きなメリットがありますが、価格変動のリスクとなる可能性もあるため、イーサリアムの取引を行っている方は十分に情報収集を行う必要があるでしょう。

過去の大規模アップグレード

イーサリアムでこれまで実施された大規模アップデートはいくつかありますが、最初に実施されたのは2015年7月のフロンティアでした。その後、2016年3月のホームステッドが実施され、メトロポリスと続きました。メトロポリスは2017年10月実施のビザンチウム、2019年2月実施のコンスタンティノープル、サンクトペテルブルグと複数回に分けて実施され、残すは最終段階の「セレニティ」のみとなりました。

今後は「セレニティアップデート」が予定されている

セレニティアップデートは、イーサリアムを次の段階へと移行させる「イーサリアム2.0」と位置づけられており、複数段階に分けてアップグレードされる予定です。2019年10月現在では、2020年1月3日が実施予定日とされています。

大きな変化は、コンセンサスアルゴリズムを従来のPoWから「プルーフ・オブ・ステーク」(Proof of Stake、PoS)に移行し、拡張性を確保するという点です。

イーサリアムはプラットフォーム型のブロックチェーンのため、そのブロックチェーン上で稼働するアプリケーションで発生する多くのデータを処理する必要があります。しかし、多くのブロックチェーン、特にPoWを採用しているブロックチェーンはスケーラビリティ問題という欠点を抱えています。

この問題は、処理データが増えれば増えるほどに、処理されないデータが増加してしまうというもので、プラットフォームとしてのイーサリアムにとっては、解決すべき課題の1つです。セレニティアップデートによるPoSへの移行には、このような背景があります。

また、イーサリアム版サイドチェーンである「Plasma」(プラズマ)や、マイニングを効率化する「Sharding」(シャーディング)などさまざまなプロジェクトも同時進行で進んでいます。

サイドチェーンとは、メインになるブロックチェーンとは別のブロックチェーンを用意し、処理を効率化する技術で、スケーラビリティ問題の解決や性能向上を目指しています。そのため、今後の開発動向にも大きな注目が集まっています。

まとめ

ビットコインは価値の交換や保存に便利な存在で、イーサリアムは独自ソフトウェアを開発できるOSのようなプラットフォームである点が大きな違いです。どちらがより優れている、あるいはより劣っているかという視点ではなく、開発された目的や用途が異なる点に着目する必要があります。イーサリアムについて知りたい場合は、プラットフォームであることや、その上で動作するスマートコントラクトやDappsの動向も意識した情報収集を行いましょう。

また、イーサリアムは、機能向上のため複数回の大型アップデートが過去に実施されており、今後も同様のアップグレードが予定されています。イーサリアムはまだまだ発展途上の技術でもあり、今後のアップデートに大きな期待が寄せられているのも事実です。アップデート自体が価格変動のリスクとなる可能性があるため、取引を行う際は最新情報の収集を行うようにしましょう。

※掲載されている内容は更新日時点の情報です。現在の情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

今、仮想通貨を始めるなら
DMMビットコイン