ビットコインを使った支払い方法とは?

ビットコイン
支払い
2018-08-08 更新

ビットコインなどの仮想通貨は、その価格の上下が激しいことからハイリスクハイリターンな投資先としての一面が強調されがちです。
しかし、そもそも仮想「通貨」なので商品サービスを購入するために使うこともできます。

ビットコインを支払いに使う方法や、メリット・デメリットについてご紹介します。

ビットコインで支払いとは?

ビットコインなどの仮想通貨で商品を購入できるといっても、紙幣や貨幣のように現物はなく、またSuicaなどの電子マネーのようにカードがあるわけでもありません。

ビットコインで支払いをするにはどうすれば良いのでしょうか?

ビットコインなどの仮想通貨と電子マネーの違いって?

ビットコインなどの仮想通貨は紙幣や貨幣が存在しないことから、同じく紙幣や貨幣の存在しない電子マネーと混同しがちです。

しかし、仮想通貨と電子マネーは全く別のものです。

支払い方法のみに絞ってその違いを説明すると、電子マネーは円やドルなど法定通貨の支払い手段の一つとして存在しているのに対し、ビットコインなどの仮想通貨はそれ自体が円やドルなどの法定通貨と交換可能な存在です。

電子マネーでは貨幣や紙幣を使いませんが、支払いは円やドルで行います。

一方、ビットコインなどの仮想通貨での支払いは、貨幣や紙幣を使わない点は電子マネーと同じですが、支払いは仮想通貨そのもので行います。

このため、ビットコインなどの仮想通貨での支払いはどこでもできるわけでなく、それを受け取れるシステムを備えている必要があります。

ビットコイン決済を導入する店舗が増えている?

ビットコインで商品やサービスを購入するためには、店舗側がビットコイン支払いに対応していないといけません。

まだまだ店舗数は少ないですが、ビットコイン決済を利用できる店舗は少しずつ増えてきています。

たとえば、ある大手家電量販店では2017年7月に全店舗でビットコイン決済に対応しており、2017年9月には大手旅行代理店も都心を中心に導入を開始しています。

また、DMM.comではビットコインでDMMポイントを購入・チャージすることで電子書籍やゲーム、CD/DVDなどDMMの商品を購入することができます。

これらはビットコイン支払いができる店舗の一部ですが、今後利用できる店舗が増えればもっと便利にビットコインを利用できるようになるでしょう。

ビットコインを使った支払いはどうする?

円やドルを持ち歩くには、お財布に紙幣や貨幣を入れますが、ビットコインは保管するために「ウォレット」と呼ばれるものが必要です。

ウォレットは英語で「財布」を表す言葉で、ビットコインを管理・保管する銀行の口座のようなものです。銀行の振込のようにお金を移動させるためには、相手のウォレットのアドレスを知らなければなりません。

仮想通貨交換業者で口座を作ると、ビットコインの購入の際には仮想通貨交換業者のウォレットに保管されます。

ビットコインをショッピングで利用するためには、仮想通貨交換業者のウォレットからモバイルウォレットに移すと便利です。モバイルウォレットにビットコインを移せば、ビットコインが使えるお店にてスマートフォン用のアプリによって決済ができます。なお、仮想通貨交換業者のビットコインウォレットからそのままアプリで支払うことも可能です。

ビットコインを使った支払いの流れを整理すると、以下のようになります。

  1. 仮想通貨交換業者でビットコインを購入する
  2. ビットコインをモバイルウォレットに移すか、仮想通貨交換業者のアプリをスマートフォンにダウンロードする
  3. ビットコインで支払いのできる店舗で、お店の端末のQRコードをアプリに読み込ませる

3つの項目を詳しく見ていきましょう。

  1. 仮想通貨交換業者でビットコインを購入する

    ビットコインを売買するためには、最初にDMM Bitcoinなどの仮想通貨交換業者で口座を開設し、ビットコインを購入する必要があります。

    購入したビットコインは、仮想通貨交換業者のウォレットに保管されます。

  2. ビットコインをモバイルウォレットに移すか、仮想通貨交換業者のアプリをスマートフォンにダウンロードする

    仮想通貨交換業者で購入したビットコインは、モバイルウォレットに移しておくと便利に利用できます。

    モバイルウォレットはスマートフォン用のアプリを使ってビットコインを管理する手法で、決済時に便利に利用できます。

    また、仮想通貨交換業者のウォレットに置いたまま、仮想通貨交換業者のスマートフォン用アプリをインストールすれば、決済に使えます。

    DMM Bitcoinにもスマートフォンで使えるアプリ(スマートフォン版取引システムアプリ)がありますが、PCでDMM Bitcoinに登録しておけばアプリではログインするだけで使えますし、アプリから新規登録することも可能です。

    DMM Bitcoin アプリのダウンロードはコチラ

  3. ビットコインで支払いのできる店舗で、お店の端末のQRコードをアプリに読み込ませる

    モバイルウォレットか、仮想通貨交換業者のスマートフォン用アプリの用意をして、ビットコインで支払いができる店舗の端末のQRコードをアプリに読み込ませれば支払いは完了です。

ビットコインを使った支払いでは手数料の支払いは必要?

ビットコインを使った支払いにおいては、手数料について注意しなければなりません。

基本的に、支払う側と受け取る側が同じ仮想通貨交換業者であれば手数料はかかりません。しかし、ビットコインを保管している仮想通貨交換業者が、お店側のシステムと違う仮想通貨交換業者であれば、送金手数料が発生します。

たとえば、仮想通貨交換業者Aでビットコインを保有しており、そのサービスを使って支払いを行う場合、店舗側で用意しているサービスが仮想通貨交換業者Aであれば手数料は掛かりません。
しかし、仮想通貨交換業者Aで支払いを行う場合で、店舗側が用意しているサービスが仮想通貨交換業者Bであれば送金手数料が発生してしまいます。

ただし、ビットコインのシステムではマイナーが取引を承認しないと送金が完了しないため、早く送金を完了しようとすると手数料を多めに支払う必要があります。
この際の手数料は、仮想通貨交換業者が同じであっても発生するため注意が必要です。ただし、DMM Bitcoinは2018年7月現在、出庫時のマイナー手数料が完全無料となっています。

ビットコインで支払うメリット・デメリット

便利に利用できるビットコイン決済ですが、メリット・デメリットがあります。

ビットコインで支払うメリット

ビットコイン決済のメリットには、次のようなものがあります。

  1. 現金を持ち歩く必要がない
  2. 海外での買い物に便利
  3. 投資益を利用できる
  4. 店舗側にとっても便利

4つのメリットを以下で説明します。

  1. 現金を持ち歩く必要がない

    これはクレジットカード決済と同じではありますが、ビットコイン決済では大きな金額の買い物であっても現金を持ち歩く必要がありません。

  2. 海外での買い物に便利

    ビットコイン決済は海外で買い物する際に手数料を安く、また送金を早く、そして為替レートを気にすることなく決済することができます。

    海外での決済自体はクレジットカードでもできますが、海外でクレジットカード決済すると手数料が2%前後かかり、また為替の影響を受けてしまいます。

    ビットコイン決済であれば、店舗側が対応している必要はありますが、国内で支払うのと同じように決済することができ、また為替の影響を受ける心配もありません。

  3. 投資益を利用できる

    ビットコインを購入して利益が出ていれば、その利益を支払いに利用することで、実質的な出費なく生活を送ったり欲しいものを購入したりすることが可能です。

    しかし、損をしてしまう可能性もあるので注意を払っておくべきでしょう。

  4. 店舗側にとっても便利

    ビットコイン決済を導入することは、店舗側にとってもさまざまなメリットがあります。

    ビットコイン決済はクレジットカード決済に比べて決済手数料を安く導入できます。通常、クレジットカード決済は顧客側に負担はなく、店舗側が手数料を負担しますが、決済手数料として3〜4%負担しなければならないのに対して、ビットコインの決済手数料は1%程度に抑えられます。

    さらに、これから外国人旅行客の増加が見込める中、ビットコイン決済を導入することが売上の向上につながる可能性もあります。
    顧客側は為替レートを負担する必要がないため、ビットコイン決済を導入している店舗を探すということもあるからです。

    クレジットカードで決済する文化の国から日本にくると、日本ではクレジットカード決済を受けて付けていない店舗が多く苦労するという話も聞きますが、ビットコイン決済が普及することでこの問題も解決できるでしょう。

    最後に、支払いを受けたビットコインの価格が上昇すれば、その分の利益も確保することができます。仮に1日で100万円の利益があったとして、ビットコインの対円価格が上昇していれば、その分だけ利益が増えることになります。これはもちろん、その逆もあり得るので諸刃の剣であると言えます。

ビットコインで支払うデメリット

一方、ビットコイン決済には以下の4つのデメリットがあります。

  1. 変動リスクがある
  2. 決済に時間がかかる
  3. 準備に手間がかかる
  4. 税金がかかる
  1. 変動リスクがある

    ビットコインでの決済には変動リスクがあります。

    たとえば、1BTC=100万円で購入したビットコインが、1ヶ月後には120万円になっていることもあれば、80万円になっていることもあります。
    120万円になれば投資益を利用した買い物が可能となりますが、価格が上がり続けるという保証はありません。
    1BTCが80万円になれば、20万円の損となってしまいます。

    ビットコインの価格の上昇局面でビットコイン決済すると、損となりやすく、ビットコイン価格の下降局面でビットコイン決済をすると利益を得やすくなります。

    現状ではビットコインの変動リスクが大きいため、ビットコインが普及するのを妨げる要因の一つとなっています。

    今後、ビットコイン決済がもっと普及するためには、ビットコインの変動リスクが小さくなっている必要があるでしょう。

  2. 決済に時間がかかる

    ビットコインはブロックチェーンとプルーフ・オブ・ワークという技術を利用して運営、管理されていますが、支払い(送金)が行われると、世界中に存在するパソコンによる検証作業が行われ、その検証作業には最低10分程度かかってしまいます。

    このビットコインの仕組みにより、ビットコイン決済には10分程度の時間を要してしまうのです。

    ただし、この問題はビットコイン決済サービスを店舗側が導入することで解決できます。

    ビットコインによる決済は、その仕組み上10分程度時間を要するのは避けられませんが、ビットコイン決済サービスは料金前払いのデポジットで支払うシステムを取っており、即時決済が可能です。

  3. 準備に手間がかかる

    ビットコインで支払いをするためには、仮想通貨交換業者に日本円を入金し、日本円でビットコインを購入してからモバイルウォレットや仮想通貨交換業者のスマートフォンアプリを準備する必要があるなど、準備に手間がかかってしまいます。

    これは、これからビットコインが普及していき、スマートフォンでビットコインを管理するのが当たり前の時代になれば問題は解決すると考えられます。

  4. 税金がかかる

    ビットコインを決済に利用すると、日本円と交換したのと同じように、利益分に対して税金がかかります。

    利益が出ていれば課税され、逆に損失が出ても補填はありません。

    すべての取引を記録して翌年の確定申告で計算しないといけないとなると、なかなか気軽にビットコイン決済を利用しようとは思えないのではないでしょうか。

    ビットコインや仮想通貨の取り扱いに関する税制はまだまだ未整備な状態であり、今後ビットコインが普及するためには、より使いやすい内容に改善される必要があります。

まとめ

ビットコインを使った支払いは、利用できる店舗の少なさや価格変動の激しさ、税制の整備の遅れなどにより十分に活用できる状況にはないのが実情です。
一方で、国をまたいでも現地の通貨に換金する必要がなく、また送金にかかるコストを抑えられるという、他の決済方法にはない大きなメリットがあるのも事実です。

今後、利用できる店舗が増え、税制が整備されるなどすれば決済の主流となっていく可能性もあるといえます。

※掲載されている内容は更新日時点の情報です。現在の情報とは異なる場合がございます。予めご了承ください。

今、仮想通貨を始めるなら
DMMビットコイン

ページTOPへ